テーマ「自分が主役の人生・働き方」の投稿一覧

『遠慮なく幸せになればいい 68の言葉と笑い文字』

2019.01.24 (木)

「あなたは誰にも遠慮しないで、幸せになっていいんですよ。まずは、あなたがあなたを幸せにしてあげてくださいね。」と述べいている本があります。     本日紹介するのは、満面の笑顔の筆文字コミュニケーショ … 続きを読む»

『英雄の書:すべての失敗は脳を成長させる』

2019.01.10 (木)

脳科学とAIの研究者が若者たちに向けて書いた「失敗と孤独を恐れない感覚」を伝える本があります。     本日紹介するのは、奈良女子大学理学部物理学科を卒業し、人工知能の研究開発に従事した後、2004年 … 続きを読む»

『いろいろあった人へ 大人の流儀 Best Selection』

2019.01.08 (火)

「人は別れることで何かを得る。哀しみにもやがて終わりがくるのだ。」と述べて、人生をどう生きるかについて「大人の流儀」を提示している本があります。     本日紹介するのは、1950年山口県生まれ、立教 … 続きを読む»

『[禅的] 持たない生き方』

2019.01.01 (火)

「実は人間、物がないほうが、心豊かに過ごせます。」と述べている本があります。     本日紹介するのは、1961年東京生まれで、12歳で京都大徳寺大仙院住職尾宗園師に就き得度、現在は、臨済宗大徳寺派香 … 続きを読む»

『老後の運命は54歳で決まる!~第二の人生で成功をつかむ人の法則~』

2018.12.30 (日)

「40歳から後半生を考え始め、決断力のつく54歳で後半生をどう生きるかを決めて、新しく働く第一歩を踏み出すべきだ」と提唱している本があります。     本日紹介するのは、1931年生まれで東京外国語大 … 続きを読む»

『働きアリからの脱却:個人で始める働き方改革』

2018.12.20 (木)

「人間の寿命は長くなり、会社の寿命は短くなる中で、幸せを感じながら生き抜くには、社内で成果を残しながら、歳を取っても社外で必要とされる人材になっていく必要がある」と説いている本があります。     本 … 続きを読む»

『「さみしさ」の研究』

2018.12.19 (水)

「男が老いと付き合っていくということーそれはちょっとカッコつけて言えば、必ずやってくる “ さみしさ ” とどう向き合うか、ということ」と述べている本があります。     本日紹介するのは、漫才コンビ … 続きを読む»

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」出演レポート

2018.12.14 (金)

突然、メールで問い合わせが入り、返信しましたら直ちに携帯に電話が入りました。そして、3回にわたって計3時間近くの取材インタビュー。     そして前日に最終確認があり、2018年12月8日(土)16: … 続きを読む»

『成功への勇気』

2018.12.12 (水)

人生100年時代を早くから提唱し、自ら実践されている社会教育家の田中真澄さんがフリーの初期の頃に書いた成功哲学を紹介した本があります。     本日紹介するのは、日本経済新聞社に入社し、日経マグロウヒ … 続きを読む»

『人生がうまくいく人の断る力』

2018.12.11 (火)

「正しいNOを使いこなせば、あらゆる悩みが消える!」と提唱している本があります。     本日紹介するのは、起業家でチェスの名人でもあるジェームズ・アルタッカーと、ヨガ・瞑想・スピリチュアルの指導者で … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP