『となりの家のざんねんなお金の話』

2019.04.29 (月)

家計再生コンサルタントとして家計相談を受ける中で見てきた、「ざんねんな方」たちのお金の使い方「お金の習慣」「資金計画」「投資」に分けて解説している本があります。

 

 

本日紹介するのは、独自の家計再生プログラム15,000人以上の家計を再生してきた、株式会社マイエフピー代表横山光昭さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

横山光昭『となりの家のざんねんなお金の話』(あさ出版)

 

 

この本は、ざんねんな方のお金の使い方「21のケース」として採り上げ、解説している書です。

 

 

 

本書は以下の4部構成から成っています。

 

 

1.ざんねんなお金の習慣

 

2.ざんねんな資金計画

 

3.ざんねんな投資生活

 

4.お金を増やす13のStep

 

 

 

この本では「21のケース」について、「ココがざんねん」というポイントを整理し、どこに注意すべきかを提示しています。私がとくに共感し、印象に残っている留意点を以下に挙げます。

 

 

◆ ボーナスをあてにした家計管理をしていると、赤字家計であることに気づけない

 

◆ キャッシュレス決済が中心になると支出の把握がしづらい

 

◆ いつまでもあると思うな親と金(メタボ家計の戒め)

 

◆ リタイア後は大きく収入が減るので、お金の使い方はより計画的に

 

◆ 貯蓄があれば保険は必要ない

 

 

◆ 教育費は家計の10%以内に、進学等の費用は毛一角的に考える

 

◆ 今の家計ばかりでなく、老後資金を見通した資金計画を

 

◆ お得と思える情報ほど、人の話をうのみのしてはいけない

 

◆ 自営業者がロゴ資金の確保をするには、①個人型確定拠出年金と②小規模企業共済制度の2つに加入

 

◆ 投資をやるなら資金の余裕が必要、月収の7~8ヶ月分を貯めてから

 

 

 

本書の最後には、「お金を増やす13のStep」が記されています。以下の13ポイントですが、分かりやすく理にかなった方法です。

 

 

1.まずは「消費」「浪費」「投資」に支出を分類

 

2.お金の使い方を見直し、家計簿をつける

 

3.貯蓄額の目安は手取り収入の6分の1

 

4.支出を減らすなら固定費から始める

 

5.保険は必要なものだけをセレクト

 

 

6.住居費を収入の4分の1に抑える

 

7.キャッシュレス決済を賢く使う(ポイント利用)

 

8.投資に必要な3つの袋を持つ(使う・貯める・増やす)

 

9.投資はやっぱり投資信託で!

 

 

10.投資は徐々にステップアップして進める

 

11.iDeCoとつみたてNISAはセットで!

 

12.インデックスファンドで地域分散を図る

 

13.投資は相談する相手を間違えない

 

 

 

あなたもこの本を読んで、「人のフリ見てお金を増やす」を実践してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

 

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『となりの家のざんねんなお金の話』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP