テーマ「高齢社会・世界経済・長期予測」の投稿一覧

『人は死ぬまで結婚できる 晩婚時代の幸せのつかみ方』

2018.07.14 (土)

「いまの時代、結婚しなくても幸せになれる。でも、人はいつでも結婚できるし、それによってより豊かに幸せになれる」と述べている本があります。     本日紹介するのは、一橋大学法学部卒業後、ファーストリテ … 続きを読む»

『こんな老い方もある』

2018.06.27 (水)

「若い世代に理解や同上を求めて “ 可愛い老人 ” になるよりも、私は一人毅然と孤独に耐えて立つ老人になりたい。」と述べている本があります。     本日紹介するのは、大正12年、大阪生まれで、昭和4 … 続きを読む»

『定年後に夫婦仲良く暮らすコツ』

2018.06.21 (木)

「ふたりだけ夫婦でいてもストレスをためることなく、うまくつきあっていくコツをいくつか伝授することができる。」と述べて、夫も妻も、どのように老いていくのがいいのかを考えている本があります。     本日 … 続きを読む»

『老後の資金がありません』

2018.06.14 (木)

老後資金として蓄えていた1200万円の貯金が、娘の派手婚、舅の葬式、姑の生活費などでみるみる激減し、夫婦そろって失職してしまう家計のピンチを描いた小説があります。     本日紹介するのは、1959年 … 続きを読む»

『覚悟-さらば民進党、真の保守を目指して』

2018.06.08 (金)

「“ 真の保守 ” とは何か? それは、我が国の歴史と伝統を貫く “ 寛容の精神 ” を体現したものだと考えます。」という政治信条をまっすぐに述べた本があります。     本日紹介するのは、衆議院議員 … 続きを読む»

『未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること』

2018.05.25 (金)

少子高齢化や人口減少によって起こる大きな数字の変化の意味を、想像力を豊かに働かせて、あなたの身の回りに起こる「具体的な変化」に置き換えて示している本があります。     本日紹介するのは、産経新聞社論 … 続きを読む»

『分断した世界 逆転したグローバリズムの行方』

2018.05.20 (日)

「新しい “ 魔法の機械 ” の普及による “ 情報の爆発 ” が、人間の欲望による悪巧みを掻き立て、それがバブルから崩壊へと誘うのが近代史の教えだ」と提唱している本があります。     本日紹介する … 続きを読む»

『新・日本の階級社会』

2018.05.16 (水)

「現代の日本社会は、もはや格差社会などという生ぬるい言葉で形容すべきものではない。それは明らかに、階級社会なのである。」と説いている本があります。     本日紹介するのは、早稲田大学人間科学学術院教 … 続きを読む»

『言い訳してる場合か!-脱・もう遅いかも症候群』

2018.05.07 (月)

人生100年時代を迎えて、「もうついていけない」「私はダメだ」と諦めないで、「これから、これから。さあ、新しいステージが始まる」と、マインドセットを変えていきましょう、と50歳を超えた女性に呼びかけている本があります。 … 続きを読む»

『未来の呪縛 日本は人口減から脱出できるか』

2018.04.30 (月)

「戦後の年間出生数の推移を確認すると、明らかに不自然な点が見つかる。団塊の世代を生んだ “ ベビーブーム ” がわずか3年でおわっているのだ。」と指摘し、「なぜ、日本の少子化はここまで深刻な状況になってしまったのであろう … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP