『ビジネス本作家の値打ち』とは?

2016.04.26 (火)

「人気ビジネス本作家46人と232作品を斬る!」と銘打って、今読むべき作家と、無視してもいい作家を看破した書があります。

 

 

本日紹介するのは、ビジネス本の多読で知られる水野俊哉さんが書いた、こちらの書です。

 

 

水野俊哉『ビジネス本作家の値打ち』(扶桑社)

 

 

この本は、ビジネス本業界で粗製乱造がまかり通って、ビジネス本バブルと呼べるような状況になっていることに対して、著者の水野さんが危機感を抱いて書いた書です。

 

 

このままではビジネス本がダメになってしまうという危機感から、果たしてビジネス本作家の値打ちとは、と考えて本書の執筆に至ったということです。

 

 

本書は、ビジネス本作家46人が採り上げられていますが、主として39名の作家を中心に、計232作品の評価をしています。

 

 

採り上げられている作家は皆さんよくご存知の方々で、私もよく著書を読む方々で、例えば次のような作家です。

 

 

◆ 石井裕之

 

◆ 臼井由紀

 

◆ 稲盛和夫

 

◆ 勝間和代

 

◆ 神田昌典

 

 

◆ 小宮一慶

 

◆ 小室淑恵

 

◆ 斉藤一人

 

◆ 佐藤富雄

 

◆ 橘 玲

 

 

◆ 苫米地英人

 

◆ 内藤忍

 

◆ 中島孝志

 

◆ 中谷彰宏

 

◆ 藤井孝一

 

 

◆ 本田直之

 

◆ 美崎栄一郎

 

◆ 本田健

 

◆ 茂木健一郎

 

◆ 吉越浩一郎

 

◆ 和田浩美

 

 

具体的な作品の評価については、ぜひ本書をお読みください。

 

 

皆さんも、本書を読んでビジネス本作家の評価を学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

自分が主役の人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『ビジネス本作家の値打ち』とは?

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP