『仕事が速い人の手帳・メモ・ノート超活用術』

2016.11.07 (月)

「仕事の成果は書きグセで決まる、この習慣は将来決定的な差になる」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、出版社勤務を経て独立し、経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリストとして活躍する中島孝志さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

中島孝志『仕事が速い人の手帳・メモ・ノート超活用術』(知的生きかた文庫)

 

 

この本は、仕事の達人たちが「手帳・メモ・ノート」をどのように工夫して使っているか、その知恵が凝縮されている一冊です。

 

 

この本で紹介されているテクニックを使えば、次のようなことが可能になる、と著者は述べています。

 

 

◆ 段取り力が格段にアップする

 

◆ 発想力・企画力が大幅に向上する

 

◆ 交渉力が強化され、営業成績が上がる

 

◆ 毎日の生活が驚くほど豊かになる

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.「紙とペン」が起こす ” 仕事革命 ”-成功者は、このように手帳・メモ・ノートを活かしている

 

2.これが一流ビジネスマンの手帳術-何を、どこに、どう書くか

 

3.” 最短で ” 願いをかなえる手帳術-手帳を「人生計画」にフル活用!

 

4.一冊の手帳の ” 無限の可能性 ” -お金を殖やす、売上を増やす!

 

5.” すぐに結果を出す ” メモ・テクニック-この「書き方・記録法」が決め手!

 

6.ゼロから企画を生み出す凄いノート術!-この方法で、画期的なアイデアが続出!

 

7.メモ・ノートを「才能開花」に役立てる!-人生を大きく変える「書く技術」

 

 

この本では、仕事が速い人たちの様々なテクニックが披露されていますが、とくに印象深かったメッセージを以下に紹介します。

 

 

◆ 「とにかく重要だと思ったことや、何か気づいたこと、ひらめいたアイデアがあったら、その場でメモをとる、これを習慣づけることが重要だ。」

 

◆ 「全員とはいわないまでも、ビジネスで成功した人には、メモ魔・ノート魔が非常に多いのだ。」

 

◆ 「ノートはあくまで、自分の右脳にイメージが伝わればいいのである。」

 

◆ 「メモをとるときの心得、基本は5つある。①迷ったらメモる、②メモは消さない、③落ち着いてメモる、④事実と想像を区別しながらメモる、⑤キーワードは確実にメモする。」

 

 

さらに、本書の後半で著者は、読書中は「ポスト・イット常備が基本」で、メモには次の5つの機能があると解説しています。

 

 

1.記録する

 

2.連絡・伝達する

 

3.発想・着想を逃さないようにする

 

4.アイデアを整理する

 

5.発想を敷衍する

 

 

これだけの機能があることを認識して、メモをとることを習慣にしていくと、仕事に質やスピードが大きく変わっていくでしょう。

 

 

あなたも本書を読んで、「手帳・メモ・ノート」の超活用術をマスターしませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『仕事が速い人の手帳・メモ・ノート超活用術』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP