『成功のバイオリズム「超進化論」あきらめなければ人生は必ず好転する』

2018.01.16 (火)

「人生も振り子のように、加えた力の分だけ振れていく、ということが言われるが、それは単なる振り子ではなく、ある一定の規則正しいバイオリズムを波打つものだ。成功者たちの人生は、正に、このバイオリズムに当てはまる。」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、4000人の著者プロフィールを研究し、日本初のプロフィールライターとして独立し、出版プロデューサーとして活躍した後、高取宗茂氏との出会いから、立志出版社を設立して、同氏の『道に迷う若者へ』全国をリヤカーで回って1万部手売りした、田中克成さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

田中克成『成功のバイオリズム「超進化論」-あきらめなければ人生は必ず好転する-』(きずな出版)

 

 

この本は、次の2つの問いに対する答えテーマとして書かれました。

 

 

◆ なぜ試練は繰り返されるのか?

 

◆ そして、繰り返される試練にどう立ち向かうのか?

 

 

 

本の冒頭で著者は、「ステージが上がる前には必ず、やることのすべてが行き詰まる “ 試練 ” がやってくる。そして、その試練の渦中で、たった一つの譲れない “ 信念 ” だけが残され、その信念をあきらめない覚悟が決まったとき、次のステージにいる新たな人との出会いがある。人は皆一様に、そうやって人生のステージを上げていくのだ。」と述べています。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.ゼロからの出発-試練の中にあるとき

 

2.進化の法則-進化には絶対的な過程がある

 

3.循環の法則-成長期「与えれば与えられる」

 

4.使命の法則-停滞期「自分を否定しない」

 

5.習慣の効力-活動期「実践が未来を創る」

 

6.決断の基準-過渡期「信念をつかむ」

 

7.成功の定義-ゴールがスタート地点になる

 

 

 

著者の田中さんは、「人生インタビュー」を重ねる中で、人の成長と進化の過程に共通する法則を見つけ、「成功のバイオリズム・超進化論」と名付けました。

 

 

それは、普遍のバイオリズムで、以下のことが誰にでも当てはまるものです。

 

 

「あきらめなければ必ず人生は好転する」

 

「ステージが上がる前には試練というお知らせがやってくる」

 

 

 

なぜなら、この「超進化論」は、宇宙全体に流れる法則だからだ、と著者は言います。

 

 

 

また、この進化の過程として、新しいステージ次のようなバイオリズムで成長していく、と本書では説明しています。

 

 

1.成長期

 

2.停滞期

 

3.活動期

 

4.過渡期

 

5.新ステージの成長期

 

 

上記の「過渡期」の最後に、落ち込む「試練」があって、そこを経て新たな「出会い」(ブレイクポイント)があって、ステージを上げていく、ということです。

 

 

 

続いて、各進化の過程についての説明が記されていて、「与えれば与えられる」循環の法則「自分を否定しない」使命の目的「実践が未来を創る」習慣の効力「信念をつかむ」決断の基準について、説明が記されています。

 

 

 

この本の最後では、成功の定義が紹介されていて、著者が出会って衝撃を受けた、高取宗茂さんによる成功の定義は、「常に目の前の選択にある」ということです。

 

 

著者が1万部を手売りした、高取宗茂さんの『道に迷う若者へ』(立志社出版)は、こちらです。

 

 

そして、著者による、次のラストメッセージで本書は、締め括られています。あなたも、そのメッセージを受け取ってみませんか。

 

 

「あきらめなければ人生は必ず好転する」

 

「絶対に途中であきらめるな。」

 

「人生は振り子だ。マイナスに振れた分だけプラスが約束されている。」

 

「今は何もできなくていい。人より劣っていてもいい。」

 

「どんなに人に迷惑をかけてしまってもいい。」

 

「それでも、自分の未来まであきらめてしまう必要はない。」

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『成功のバイオリズム「超進化論」あきらめなければ人生は必ず好転する』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP