書評ブログ

『人生を変える時間戦略』とは?

「成功の唯一の方法は、目標に。理性的で懸命な行動を結びつけることです」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、22年間人材教育に携わり、2万人が実践した成功マニュアルを作り上げた、青木仁志さんが書いた、こちらの本です。

 

 

青木仁志『人生を変える時間戦略』(アチーブメント出版)

 

 

この本は、概念ではなく、体に結びつけるのがプランニングだとして、「行動は必ず結果をもたらす」という結論を教えてくれます。

 

 

いかに、自分の目標に集中し、行動を習慣化できるかが、人生の成否を分ける、と断言しています。

 

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

 

1.人生は「時間戦略」でプロデュースできる

 

2.出来事を管理すれば時間はいくらでもつくれるようになる

 

3.「時間戦略」を成功させる目標設定

 

4.人生を「時間戦略」で設計する

 

5.どうすれば効率的に時間を「捻出」し、「管理」できるのか?

 

6.ツールを使って時間管理の効率をアップする

 

 

本書の冒頭で著者は、「時間」そのものは管理できるものではない、「出来事管理」こそが「時間戦略」の本質だ、と述べています。

 

 

しかしながら多くの人が「出来事の管理」ができないのは、「目的を達成しようとする意識が低い」ためだ、と著者は言います。

 

 

そうした中で、「時間管理の意識」を高める秘訣は、まず自分の脳の外側のことはコントロールできない、ということを理解することです。

 

 

そして「時間戦略」の加速度をあげる次の「3つの質問」をすることを提唱しています。

 

 

◆ 誰のために成功したいのか?

 

◆ 何のために成功したいのか?

 

◆ なぜ成功しなければならないのか?

 

 

さらに、自己投資や能力開発なくして目標は達成できない、としています。

 

 

「自分はどの分野の能力を伸ばしたいのか、何を成し遂げたいから投資をするのかを明確にイメージし、その分野に集中して自己投資をしていく」という姿勢が、「時間戦略」を考える上で必要になります。

 

 

 

例えば、「時間がない」が口癖の人の行動パターンには以下のような共通点があります。

 

 

◆ 目的目標があいまいで優先順位がはっきりしていない

 

◆ タスクの所要時間が分かっていない

 

◆ スケジュールが過密すぎる

 

◆ 「TO DO リスト」が頭の中に入っていない

 

 

◆ 隙間時間を有効活用できていない

 

◆ プライム・タイム(自分のための考える時間)をもっていない

 

◆ ツールを使いこなしていない

 

◆ 起床時間が遅い

 

 

どうでしょうか?あなたにも当てはまる項目はないでしょうか。

 

 

逆に言えば、これらを全て反対にすれば、成功する「時間戦略」が立てられ、目標を達成できる、ということです。

 

 

「目標」とは、「人生で最も成し遂げたいこと」です。「自分はどのような人生を歩みたいのか」を考え、「どうすればその目標を達成できるのか」を一人ひとり、選ぶことができます。

 

 

そして、「目標設定」には次の3つが大切です。

 

 

1.達成意欲を高める仕組みをつくる

 

2.コントロールできる目標を立てる

 

3.目標に集中できる環境を整える

 

 

目標は「願望」から生まれるもので、「本当にしたいこと」を目標にすることが大切です。そして、目標は「自分の意思」で設定することです。目標に集中し、継続するために、これらは必須です。

 

 

具体的な目標設定のステップとして、以下の「4つのステップ」を本書では提唱しています。

 

 

1.自分の人生を棚卸する

 

2.現在地を把握する

 

3.「目的」を明確に意識する

 

4.具体的な行動計画を立てる

 

 

 

私自身もこれらの一つひとつができていなかったため、目標を明確にして、行動をリスト化し、早起きの習慣に変えて朝の時間を有効に使うようになりました。

 

 

そして、何よりも毎日、自分ひとりで「考える時間」を持って、人生を成功に導くための「時間戦略」をしっかりと立てるように、習慣を変えていきました。

 

 

あなたも本書を読んで、人生を変える「時間戦略」を学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

https://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »