書評ブログ

『1日1テーマ読むだけでやりたくなる 定年ひとり起業 読みやすい大型判』

「シリーズ3部作の集大成となるこの『ムック本』では、大切なポイントを1テーマごとにまとめています。」「最初から1テーマずつ読んでいけば、『幸せな人生設計』をつくっていくのに大切なポイントが漏れなくすべて学べるように構成されています。」と述べている本があります。

 

本日紹介するのは、1958年東京生まれ、早稲田大学政治経済学部を卒業後、日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)にて22年間勤務し、東京都が出資する新銀行東京の創業メンバーに転職、その後人材関連会社やグローバル製造業で人事・経営企画の責任者を歴任して、2015年に独立起業、現在はフリーの研修講師、コンサルタント、ビジネス書作家として活動する、合同会社ノマド&ブランディング・チーフコンサルタントの私 大杉潤が書いた、こちらの新刊書籍です。

 

大杉潤『1日1テーマ読むだけでやりたくなる 定年ひとり起業 読みやすい大型判』(自由国民社)

 

この本は、文字が見やすい大判として、人生100年時代に「幸せな生き方」をするにはどうすればいいかというテーマを、1日1テーマで完結するように書いてある本です。

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

1.人生100年時代の「幸せな生き方」

2.「定年ひとり起業」成功の秘訣はこれだ!

3.定年後の「年金」&「お金」

4.「定年ひとり起業」で勝ち抜く個の力の高め方

5.ライフワークは「幸福学」で見つける

 

この本の冒頭で著者は、世の中の大きな不安に対して、「それならそれほどリスクが高くない『定年ひとり起業』をして、好きな仕事でずっと働き続けるライフスタイルもありかな」と考えていただけたらと思うのです、と述べています。

 

 

本書の前半では、「人生100年時代の幸せな生き方について説明しています。主なポイントは以下の通り。

 

◆ お金・孤独・健康の3大不安をいっぺんに解決するのは「長く働き続けること」

◆「終身現役」の生き方を

◆ キャリアは「10年単位」で作り、成功曲線を描く

◆ 最強の人生設計「トリプルキャリア」

 

 

この本の中盤では、「定年ひとり起業成功の秘訣はこれだ!」および「定年後の年金&お金」について解説しています。主なポイントは次の通りです。

 

◆「3つの専門性」を組み合わせてオンリーワンになる

◆ フリーランスで食べていく秘訣は「収入の複線化」

◆ 起業のハードルを越える「戦略的副業」のススメ

◆ 妻が社長の合同会社というスキームを活用

 

◆ 老後マネープランは「WPP」

◆ 自分の年金を把握する「ねんきんネット」と「窓口相談」

◆ 妻の基礎年金を「理論最高値」にする

◆ お勧めは新NISAで外貨建てインデックス投信の積立投資

◆ 小規模企業共済、経営セーフティ共済を活用する

 

 

本書の後半では、「定年ひとり起業で勝ち抜く個の力の高め方および「ライフワークは幸福学で見つける」ついて、以下のポイントを説明しています。

 

◆ リスキリングの本命は「ICT活用」

◆ 仕事を獲得できる「ブログ活用」

◆ 音声配信、お勧めは「stand.fm」

◆ 人生設計に「幸福学」を入れる

◆ 幸福学から人生のミッションを考える

 

このムック本は、以下の『定年ひとり起業』シリーズ3部作を1冊に凝縮した集大成の書です。より詳しく内用を掘り下げたい方は、ぜひ3部作を併せてお読みください。

 

あなたも本書を読んで、定年再雇用以外の選択肢として、「定年ひとり起業」を真剣に考えてみませんか。

 

ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

https://www.youtube.com/@user-kd3em9nm4q/featured

 

では、今日もハッピーな1日を!【3390目】