書評ブログ

『すぐやる!「行動力」を高める科学的な方法』とは?

「脳と体を連携させれば、やる気・性格・能力を変えずにやるべきことがすぐできる」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、作業療法士で、ユークロニア株式会社代表の菅原洋平さんが書いた、こちらの本です。

 

 

菅原洋平『すぐやる!「行動力」を高める “ 科学的な ” 方法』(文響社)

 

 

この本は、作業療法士として、リハビリテーションの医療現場で著者が実証済みの方法を、ビジネスに応用して提唱しています。

 

 

著者の菅原さんによれば、この本は次のような方に向いています。

 

 

◆ 「スマホ、ネットサーフィンなど、こんなに時間が経ってるの?」となりがちな人

 

◆ 「取りかかれればすぐに終わる」とわかっていることになかなか手がつけられない人

 

◆ 頑張らなきゃいけない日なのに、集中力が上がらない人

 

◆ 「どうせ私にはできませんから」と諦めている人

 

◆ すぐにできない自分を、つい責めてしまいがちな人

 

◆ 「今日も仕事、疲れたなあ。資格試験の勉強・・・明日からでいいか!」と先送りしがちな人

 

 

あなたもいくつか思い当たることがあるのではないでしょうか。

 

 

 

本書は以下の10部構成から成っています。

 

 

1.「すぐやる人」に共通するたった1つの習慣とは?

 

2.「やるべきこと」にすぐ手をつけるコツ

 

3.「ひとつのこと」を終えたあと、「次」にスムーズに取りかかるには?

 

4.すぐやる集団、すぐやらない集団・・・「すぐやらない」は伝染する

 

5.「脳が勝手にやる気になる」言葉の使い方

 

 

6.「やればできる」という言葉でかえって「本気」が出せなくなっていた!

 

7.「すぐやるスイッチ」をすぐ入れる簡単な方法

 

8.行動力が劇的に上がる「触る力」活用法

 

9.「なんとなくいつもネガティブ」の原因は、「脳の慢性疲労」にありました

 

10.「すぐやる」だけで、毎日がぐんと自由で快適になる

 

 

本書の冒頭で著者は、まず「脳の準備運動」から始めよう、と呼び掛けます。「起床から4時間後に頭がスッキリと冴えているか」というのが、脳が「すぐやる」モードになっているかどうかをチェックする基本ということです。

 

 

著者の菅原洋一さんは、睡眠についても専門で、次の13万部を超えるベストセラーも書かれていて、大きな反響を呼びました。

 

 

菅原洋一『あなたの人生を変える睡眠の法則』(自由国民社)

 

 

つまり、「すぐやらない」原因は、「性格」「やる気」ではなく、脳が「すぐやる」モードになっていないだけだ、と著者は言います。

 

 

本書で提唱しているのは、脳に入る情報を絞り込み、脳が自動的に、無意識的に「フィードフォワード」のシステムを起動しやすい状況をつくりましょう、ということです。

 

 

つまり、あなたがすべきことは、脳が「次の行動」を予測できるところまでは「前の行動」を途切れさせずに連続させる、ということです。

 

 

本書の後半では、他人の行動との関係言語(すなわち「言葉」)の果たす役割、そして「触覚」の果たす役割について、詳しい説明がありますが、ぜひ本書をお読みください。

 

 

本書の最後では、脳の疲れ、とくに「脳の慢性疲労」について考察されています。

 

 

著者が強調しているのは、「すぐやる」状態に脳を保つために、日常の生活を限りなくルーチンにして、筋肉が脳に新しい情報を届けないで済むようにすることです。

 

 

あなたも本書を読んで、「行動力」を高める科学的な方法を学び、「すぐやる!」人生を歩みませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

https://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »