書評ブログ

『佐久間宣行のずるい仕事術』

「そうだ・・・・。もっとずるくなろう」という、「自分の大事なものは渡さずに、潰されず、認めてもらう方法」、そして「周囲と戦わずに、自分のやりたいことを実現する方法」について書いた本があります。

 

 

本日紹介するのは、1975年福島県いわき市生まれ、テレビプロデューサー、演出家、作家、ラジオパーソナリティ佐久間宣行さんが書いた、こちらの書籍です。

 

佐久間宣行『佐久間宣行のずるい仕事術』(ダイヤモンド社)

 

 

この本は、入社当時の絶望から20年以上かけて、著者が身につけた作戦の数々が入っている書です。

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

1.仕事編

2.人間関係編

3.チーム編

4.人間関係編

5.企画術編

6.メンタル編

 

 

この本の冒頭で著者は、「たかが仕事、たかが会社。けどそれがうまくいくだけで、人生はどんどん好転します。その過程にこの本がちょっとでもお役に立てますように。」と述べています。

 

 

本書の前半では、「仕事編」および人間関係編」について、以下のポイントを説明しています。

 

◆「楽しそう」を最強のアピールに

◆「雑務」こそチャンスに変える

◆ 相談のゴールは「解決」にする

◆「すぐやる人」が結局残る

 

◆ 会議は「事前準備」で勝て

◆「社内初」はローリスク・ハイリターン

◆「キャリア相談」は相手を選べ

◆「らしくない仕事」をやってはいけない

 

◆「メンツ地雷」を踏んではいけない

◆「横柄な態度」はコストが高い

◆「褒める」は最強のビジネススキル

◆「付き合いの悪いヤツ」でいい

 

 

この本の中盤では、「チーム編」および人間関係編」について、著者の考え方を紹介・解説しています。主なポイントは次の通り。

 

◆「ちょっと無理」する

◆ビビらず「アピれ」

◆「価値観の違うメンバー」で保険をかけろ

◆「リスク管理」をする

 

◆「身内」にこそ気を遣う

◆「叱り方」にはコツがある

◆「問題児」には先手を打つ

◆ 人を責めずに「仕組み」を変える

 

 

本書の後半では、「企画術編」およびメンタル編」について考察しています。主なポイントは以下の通りです。

 

◆ 企画書は「ラブレター」

◆ 佐久間式発想「反転法」と「掛け合わせ法」

◆「おもしろさの核」を相手に伝える

◆「いい失敗」をする

◆ インプットし続ける

 

◆ 期限を区切れば「無敵」になれる

◆ 悩みは「因数分解」で考える

◆ 会社ではときに「エゴ」を貫け

◆「運」を味方につける

◆「省エネモード」があっていい

 

 

この本の巻末には、斎藤修ディレクターによる「解説」が掲載されています。

 

 

本書の締めくくりとして著者は、「天才じゃなかったらやめるのか? 好きだからやってるんだろ」開き直れるようになったことと、自分がすり減らない方法をたくさん身につけたこと、そのおかげでなんとかやれています、と述べています。

 

 

あなたもこの本を読んで、「ずるい仕事術」を身につけて、 人生を好転させてみませんか。

 

 

ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

では、今日もハッピーな1日を!【2892日目】