書評ブログ

『100歳まで生きるための習慣100選』

「寿命の75%は、食事や運動、生活スタイルなどを含めた『習慣』で決まるのです。これらを見直していけば、老化のスピードを制御することは誰にでも十分可能だといえます。」と述べている本があります。

 

本日紹介するのは、1964年愛媛県生まれ、愛媛大学医学部卒業後に第二内科(循環器)に入局、公立学校共済組合近畿中央病院循環器内科(研修医)、米国Wake Forest大学・高血圧血管センター(リサーチフェロー)、愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授などを経て、愛媛大学大学院抗加齢医学(新田ゼラチン)講座教授、愛媛大学医学部附属病院 抗加齢・予防医療センター長伊賀瀬道也さんが書いた、こちらの書籍です。

 

伊賀瀬道也『100歳まで生きるための習慣100選』(飛鳥新社)

 

この本は、「100歳まで元気に生きる」ために、メタボリックドミノの進行を止めるための「100の習慣」を紹介している書です。

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

1.100の習慣についての総論

2.食事

3.運動

4.生活習慣

5.脳/メンタル

6.医療

7.健康寿命100歳も夢ではない

 

 

この本の冒頭で著者は、「どの習慣を自分のものにすればいいのか、その基準になるのが、『笑いながら』あるいは『楽しみながら』行えるかどうかです。その習慣をして苦痛やつらさを感じるようでしたら、それはあなたに合っていないので、無理して実践する必要はありません。」と述べています。

 

また、医師が老化度を診断する時に、次の5つのポイントをチェックすると紹介しています。

1.血管年齢

2.脳・神経機能

3.ホルモンの分泌

4.骨年齢

5.筋肉量

 

 

本書の前半では、「100の習慣についての総論」および「食事」の習慣について、以下のポイントを解説しています。

 

◆ 100の習慣について、★5つの最優先とすべき「10の習慣」がある

◆ 食事では、満腹まで食べない、青魚(イワシ・サバ)を摂る

◆ 運動では、バランス力を鍛える、1日4000歩以上歩く 

◆ 生活習慣では、補聴器をつけて会話する、歯磨きはていねいに

◆ 脳/メンタルでは、腸内環境を整える、堂々と若作りする

◆ 医療では、薬は5種類まで、嫌な医師とは付き合わない

 

◆ 少食でも1日3食

◆ スーパー調味料のヒハツとシナモンを使って毛細血管を強くする

◆ 大豆食品(納豆・豆腐・油あげ)でイソフラボンを摂る

◆ ミックスナッツ、ニンニク、卵を摂る

◆ 食物繊維(海藻、キャベツ、大根/ゴボウ、大豆)を摂って腸内環境を整える

◆ コゲ、加工肉、炭酸飲料、ファーストフードを控える

 

 

この本の中盤では、運動」および生活習慣」について考察しています。主なポイントは次の通り。

 

◆ 筋力と骨密度の低下がフレイルにつながる

◆ 筋力と骨を鍛えて「バランス力」を維持する

◆ ふくらはぎ、大腿四頭筋、脊柱起立筋を鍛える

◆ 握力を鍛える

◆ 1日4000歩以上歩くなど有酸素運動をする

 

◆ 血管と自律神経は密接な関係にある

◆ 朝日を浴びると14~15時間後にメラトニンが分泌されて熟睡する

◆ 理想的な睡眠時間は7時間、眠る3時間前までに食べ終える

◆ 太陽の光を浴びると、セロトニン分泌&ビタミンD合成

◆「声を出す」習慣で呼吸筋を強化

 

◆「吐く時間」を長くする呼吸を

◆ 不要なモノを捨て、部屋をきれいに保つ

◆ よく笑う(ストレスが減り、セロトニンが分泌)

◆ 死ぬまで動いて働く

◆ 運転免許を返納しない

 

 

本書の後半では、脳/メンタル」および医療」の習慣について説明しています。主なポイントは以下の通りです。

 

◆ 本を読む、音読する

◆ 考える趣味を持つ

◆ 昔のことを思い出してみる

◆ よく噛んで食べる(歯根膜の下の血管に圧が加わって脳に血液を送る)

◆ いま生きていることに感謝する

 

◆ 抗加齢ドックで、老化の進行具合を知る

◆ 脳ドックを受ける

◆ 歯の定期健診を受ける

◆ 70歳以上は手術をしない

◆ 緩和ケアで痛みを軽減

 

 

この本の締めくくりとして著者は、「近年の抗加齢医学の進歩により、『老化は加齢とともに起きるものでしょうがない』という考え方から、『老化は病気であり予防(コントロール)が可能である』という考え方に大きく変わってきました。」と述べています。

 

 

あなたも本書を読んで、「100歳まで生きるための習慣100」を学び、自分に合った習慣から実践して健康寿命を延ばしていきませんか。

 

 

ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

では、今日もハッピーな1日を!【3007日目】