テーマ「高齢社会・世界経済・長期予測」の投稿一覧

『シェアリングエコノミー』

2017.03.19 (日)

「シェアリングエコノミーが社会、ビジネス、雇用のすべてを変える」と指摘している本があります。     本日紹介するのは、ニューヨーク大学スターン・スクール教授で、シェアリングエコノミーの第一人者である … 続きを読む»

『第4次産業革命!日本経済をこう変える。』

2017.03.11 (土)

「革命的な時代がやってきたという “ 時代認識 ” を持ち、大胆に行動しよう!」と呼び掛けている本があります。     本日紹介するのは、日本開発銀行、慶應義塾大学教授などを経て、小泉内閣において、経 … 続きを読む»

『2050年衝撃の未来予想』

2017.02.23 (木)

社会構造、政治、経済、戦争、ビジネスほか、気になるテーマを世界・日本両面から徹底的に紐解いた「衝撃の未来予測」を行った本があります。     本日紹介するのは、認知科学者、計算機科学者の苫米地英人さん … 続きを読む»

『知的な老い方』

2017.02.22 (水)

93歳で現役、「知の巨人」と呼ばれる執筆家が「50代から楽しく生きる方法」を書いた本があります。     本日紹介するのは、212万部突破のベストセラー『思考の整理学』(ちくま文庫)の著者で、お茶の水 … 続きを読む»

『分断社会を終わらせる』

2017.02.19 (日)

「他人に対して冷淡で不機嫌な社会、それが今の日本だ。」と警鐘を鳴らしている本があります。     本日紹介したいのは、経済学博士で、慶應義塾大学教授の井手英策さん外が書いた、こちらの書籍です。 &nb … 続きを読む»

『アンチエイジング・バトル最終決着』

2017.02.02 (木)

アンチエイジングにまつわる30の疑問を「バトル形式」で紹介している本があります。 本日紹介するのは、日本抗加齢医学会理事長の坪田一男教授が書いた、こちらの書籍です。     坪田一男『アンチエイジング … 続きを読む»

『日本で老いて死ぬということ』

2017.01.27 (金)

「団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年、病院でも家でも死ねなくなる。」と指摘している本があります。     本日紹介したいのは、朝日新聞「迫る2025ショック取材班」が編集した、こちらの書籍で … 続きを読む»

『人はどうして老いるのか 遺伝子のたくらみ』

2017.01.25 (水)

「人はなぜ老い、死ぬのか。」すべての動物に決められた遺伝子プログラムを通して人生を見直し、潔い死生観を導いている本があります。     本日紹介するのは、東京農工大学教授、京都大学教授、滋賀県立大学初 … 続きを読む»

『シンギュラリティは近い-人類が生命を超越するとき』

2017.01.23 (月)

「2045年、AIが人類の知性を上回り、ついに私たちは生物の限界を超えてシンギュラリティへと到達する-」と予言している書があります。     本日紹介するのは、フーチャリストとして、シンギュラリティ( … 続きを読む»

『90歳。何がめでたい』

2017.01.17 (火)

93歳になった直木賞作家が、満身創痍で、「いちいちうるせえ」と、本音で書き連ねた本があります。     本日紹介するのは、作家の佐藤愛子さんが書いた、こちらの書籍です。     佐 … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP