テーマ「自分が主役の人生・働き方」の投稿一覧

『色とココロの教科書 驚くほど自分の可能性がわかる色彩心理』

2018.04.01 (日)

「あなたが惹かれる色は、あなたの心を表現しています。あなたの周りにある色は、あなたの心に影響を及ぼしています。」と述べている本があります。     本日紹介するのは、仏ブランド・シャネルの日本法人に2 … 続きを読む»

『50歳からの人生術 お金・時間・健康』

2018.03.30 (金)

「定年後の人生を考えても、50代からなら、新しいチャレンジを始める時間がたっぷりあります。」と述べている本があります。     本日紹介するのは、保坂サイコオンコロジー・クリニック院長、聖路加国際病院 … 続きを読む»

『ALLIANCE 人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用』

2018.03.24 (土)

「終身雇用の時代にも戻れず、現状維持もできないならば、今こそ雇用主と社員の関係を見直す時ではないだろうか。」と提唱している本があります。     本日紹介するのは、リンクトインの創業者で現在は会長のリ … 続きを読む»

『自分を大事にする人がうまくいく~スタンフォードの最新「成功学」講義』

2018.03.22 (木)

「幸福感」がなぜ成功を呼ぶのか、について考察し、説明している本があります。     本日紹介するのは、スタンフォード大学の「思いやりと利他主義の研究教育センター」のサイエンス・ディレクターで、イェール … 続きを読む»

『話すことが怖い。でも一人にはなりたくないんだ。』

2018.03.15 (木)

ウェブ制作会社の営業部で働く鈴木達也(30歳)が、ろくなことがない毎日を送っていたが、過去のトラウマになっていた親友の藤原青希との別れに向き合い、劇的な再会から人生が変わっていくストーリーを描いたビジネス小説があります。 … 続きを読む»

『悩める日本人「人生案内」に見る現代社会の姿』

2018.02.09 (金)

100年以上の長きにわたって続く読売新聞の名物連載「人生相談」に一般読者から寄せられる数々の悩み相談を分析し、回答者として悩んだからこそ見えてきた現代社会の姿を描いた本があります。     本日紹介す … 続きを読む»

『月曜日が楽しくなる幸せスイッチ』

2018.01.28 (日)

「月曜日を憂うつに感じるのは、心や意識が整っていないから」と説明している幸福学の本があります。     本日紹介するのは、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の研究所研究員として幸福 … 続きを読む»

『あたりまえだけどなかなかできない 60歳からのルール』

2018.01.27 (土)

「人生100年時代、定年は単なる区切りだ。後悔なく、やり切る人生を選ぼう。」と提唱している本があります。     本日紹介するのは、1954年生まれで早稲田大学卒業後、三井物産に23年間勤務した後、ホ … 続きを読む»

『人生を変えたいなら、住む街を変えよう あなたにいちばん似合う街』

2018.01.17 (水)

「人は、人生の転機に住む街を変えたり、住む街を変えることで人生を新しくしていくこともできます。」と提唱している本があります。     本日紹介したいのは、パルコの雑誌『アクロス』編集長、三菱総合研究所 … 続きを読む»

『成功のバイオリズム「超進化論」あきらめなければ人生は必ず好転する』

2018.01.16 (火)

「人生も振り子のように、加えた力の分だけ振れていく、ということが言われるが、それは単なる振り子ではなく、ある一定の規則正しいバイオリズムを波打つものだ。成功者たちの人生は、正に、このバイオリズムに当てはまる。」と述べてい … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP