『「続けられる人」だけが人生を変えられる』

2020.02.06 (木)

「行動することは何よりも大切です。そして、それを何かしらの『結果』につなげるためには、『続けられるかどうか』が重要なのです。」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、長野県出身で中央大学卒業脳科学とアドラー心理学を組み合わせた、独自の目標実現法「行動イノベーション」を開発、これまで12,000人以上のリーダーのセルフマネジメント・キャリア構築などの悩みを解決してきた、メンタルコーチ株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役大平信孝さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

大平信孝『「続けられる人」だけが人生を変えられる』(青春文庫)

 

 

この本は、内容を実践することによって「楽しく」「簡単に」「1日1分で」あなたが続けたいと思ったことを、習慣化できるようになり、夢を実現することができる書です。

 

 

 

本書は以下の9部構成から成っています。

 

 

1.まえがき-続けられる人がすべてを手に入れる

 

2.「続けられない自分」を変えられない理由

 

3.続けられる自分になれる方法とは

 

4.習慣を変えるその前に、自分を大切にする

 

5.習慣化ノートのつくり方

 

 

6.一冊のノートで人生を変えられる理由

 

7.「習慣化」を加速させる方法

 

8.おわりに-「心の声によりそい」なりたい自分になる方法

 

9.あとがき

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「本当に習慣化する必要があるか?」を問いかけ、「あなたにとって、人生のカギになることを習慣化すること」と提言しています。

 

 

 

人生のカギになる習慣のことを著者は「キーハビット」と呼んでいます。

 

 

 

そして、習慣を味方にすれば、夢や目標を加速実現することができ、人生を変えられるのです。

 

 

 

続いて、「続けられる人」の特徴やその行動のポイントを、著者は以下の通り挙げています。

 

 

◆「続ける」のがうまい人は、「行動」を小さくするのが上手

 

◆ 目的は「ゴールの感動」、目標は「ゴールテープ」で、目標よりも目的が大事

 

◆ 未来を味わうことを習慣化する「未来アンカリング」を活用する

 

 

 

次に、「続けられない」原因として、著者は以下の3つを挙げています。

 

 

1.本当は続けたいと思っていない

 

2.自分には続けられないと思い込んでいる

 

3.行動するときに「面倒くさい」「続けるのが難しい」と感じている

 

 

 

本書の後半では、感情のゴールを設定する「習慣化ノート」を紹介しています。この「習慣化ノート」の詳細やつくり方については、この本を手に取って確認してください。

 

 

 

ここでは「習慣化ノート作成の7ステップ」のみ、以下に紹介しておきます。

 

 

1.「味わいたい!」と思う場面をいくつかイメージする

 

2.味わいたい感情(感情のゴール)を書き出す

 

3.感情のゴールを絵や写真でビジュアル化する

 

4.感情のゴールを味わう日記を記入する

 

 

5.もし習慣化しなかったら味わう最悪の状況や感情を書き出す

 

6.ゴール実現のためにできる10秒アクションを5つ書き出す

 

7.書き出した10秒アクションから3つに絞り込む

 

 

 

この本の最後で著者は、「行動」を「習慣化」して夢を実現しようと思っても、次の7つの壁がポイントになる、と指摘しています。

 

 

◆ なんとなく、夢や目標がしっくりこないので続けられない

 

◆ 結局、三日坊主で終わってしまう

 

◆ 急な予定や仕事に振り回されて、続かない

 

◆ 途中で飽きてマンネリ化して、やめてしまう

 

 

◆ ある程度は続けられるけれど、モノになる前にやめてしまう

 

◆ 悪習慣をやめたい

 

◆ 夢や目標を加速実現させたい

 

 

 

あなたも本書を読んで、「続けられる力」を身につけ、「続ける」ことで人生を変えてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『「続けられる人」だけが人生を変えられる』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP