『定年後の歩き方』

2017.12.17 (日)

人生100年時代の「金持ち老後」入門と銘打って、60歳からの「仕事とお金」の全情報を整理したムック本があります。

 

 

本日紹介するのは、人生100年時代に入った現代において、最も関心あるテーマになりつつある「定年後のお金と仕事」を扱った洋泉社MOOKとして編集された、こちらのムック本です。

 

 

『定年後の歩き方』(洋泉社MOOK)

 

 

この本は、人生100年時代に、定年後にとくに不安の大きい「お金」と「仕事」について、入門として基本的な考え方について解説したものです。

 

 

 

本書は以下の4部構成から成っています。

 

 

1.定年後のリアル 「第二の人生」のライフスタイル入門

 

2.めざせ!生涯現役 リタイア後の「上流」「下流」は60歳からの働き方で決まる!

 

3.収入減に負けない!「強い定年家計」のつくり方

 

4.病気と介護に必要なお金

 

 

 

まずこの雑誌で目を引くのが、最初の特集に出てくる、定年前後にやってくる「老後3大不安」です。「お金」「健康」「孤独」の3つの不安ですが、特集を担当している経済コラムニスト大江英樹さんは、「現代において長寿はリスクそのもの」と、問題提起をしています。

 

 

「長寿リスク」について語る時に、必ず出てくる理想の死に方「PPK(=ピンピンコロリ)」なのですが、実は長寿とPPKとは矛盾している、と大江さんは言います。

 

 

なぜなら、突然死(PPK)は脳梗塞や心筋梗塞など血管系の病気に多いのですが、いわゆる生活習慣病なので、そういう人はそもそも長生きしない方の方が多いそうです。

 

 

現実には、平均寿命と健康寿命(自立して制限なく生活できる年齢)との差が、男性で9年、女性で12年あり、この差は平均寿命が延びても縮小していないのです。

 

 

それから、その他の不安である「お金」「孤独」についても、数字を挙げて不安の中味具体的に解説されていて参考になります。詳細はぜひ、このMOOK本で確認してみてください。

 

 

 

続いて、「定年再雇用」の理想と現実や、定年前後の「転職」についても、具体的な事例を挙げて留意点が解説されています。

 

 

さらに、収入減少に負けない「強い定年家計」のつくり方や、病気と介護に必要なお金など、とくに定年後の不安として大きい「お金」について、詳しく具体的な数字も入れて解説されているのが、このMOOK本の特徴です。

 

 

あなたも本書を読んで、60歳からの「仕事」と「お金」の情報を吸収して、「定年後の歩き方」を学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『定年後の歩き方』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP