『失意の時こそ勇気を-心の雨の日の過ごし方』

2020.04.18 (土)

「人生は、いつも順風満帆の晴れの日ばかりというわけにはいきません。時に、停滞することもあれば、激しい風雨にさらされることもあります。」と述べて、「心の雨の日」の過ごし方を綴った本があります。

 

 

本日紹介するのは、1947年栃木県生まれ、早稲田大学卒業後、外資系企業の管理職などを経て、1985年にヒューマン・ギルドを設立し、アドラー心理学に基づくカウンセリンング、カウンセラーの養成をしてきたアドラー心理学カウンセリング指導者上級教育カウンセラー岩井俊徳さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

岩井俊徳『失意の時こそ勇気を-心の雨の日の過ごし方』(コスモス・ライブラリー)

 

 

この本は、中国思想にある「陰陽」の考え方でいえば、「陰の時」に込められたメッセージを読み取り、その時期の生き方の知恵を提供しようとする書です。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.人生の晴れの日、雨の日

 

2.心の雨の日を過ごした人たち

 

3.二毛作の人生を生きる

 

4.心の雨の日を過ごす五つの知恵

 

5.真の楽観主義、そして勇気を

 

 

 

この本の冒頭で著者は、晴れの日の「陽」と雨の日の「陰」は、一方だけで成り立っているのではなく、両方セットになっている、と述べています。

 

 

 

降り続く雨もいつかは止んで青空が広がるように、「陰の時」はやがて「陽の時」に変わります。大切なのは、雨の日は雨の日なりに過ごすこと、雨の日にしかできないことをすること、と著者は言います。

 

 

 

いま、挫折感を味わったり、失意の時を送っていたりしていても、それによって生きる勇気まで失う必要はないのです。

 

 

 

「陰の時」にはエネルギーをしっかりと内側へ向け、充電の時、癒しの時ととらえ、リラックスして再創造に備えるのだ、と本書では提唱しています。

 

 

 

次に、人生の軌跡をライフライン(人生の足跡)として描くことを勧め、「著者のライフライン」を公開しています。

 

 

 

これは、人生に影響を与えた重要な出来事を、「陰の時」(マイナス)と「陽の時」(プラス)に分けてプロットし、曲線として時系列に描くものです。私も、定年後キャリア研修で、「人生とキャリアの棚卸し」を行う際に描くことを提唱しています。

 

 

 

さらにこの本では、交感神経と副交感神経との関係にも照らし合わせ、精神科医、神田東クリニック院長の島悟・京都文教大学教授の著書『メンタルヘルス入門』(日経文庫)で整理している以下の対比を紹介しています。

 

 

◆ 交感神経・・・・昼間の神経、戦う神経

 

◆ 副交感神経・・・夜間の神経、癒しの神経

 

 

 

 

 

続いて、中村天風著『成功の実現』(日本経営合理化協会出版局)でも述べている「陽中の陰の時」のメッセージについて説明しています。

 

 

 

 

 

著者によれば、「陽中の陰の時」のメッセージの受け取り方のポイントは、次の5つです。

 

 

◆ 出来事に耳を傾けよう

 

◆ 感情・感覚のシグナルに敏感であろう

 

◆ 夢の変化に気づこう

 

◆ 健康(身体症状)に留意しよう

 

◆ 他者のフィードバックに謙虚であろう

 

 

 

本書の中盤では、「心の雨の日を過ごした人たち」として、次の3名を紹介しています。

 

 

◆ 森鴎外

 

◆ 川淵三郎

 

◆ ベートーヴェン

 

 

 

そして、老いもまた「成長のプロセス」ととらえ、人生の再創造として「人生二毛作」を著者は提唱しています。それは、「青春の忘れ物」二毛目の人生で実現するのです。

 

 

 

具体的に、「二毛作の人生を生きた人たち」として、以下の3名を挙げています。

 

 

◆ 伊能忠敬

 

◆ 吉野俊彦

 

◆ 酒井雄哉師

 

 

 

この本の後半では、心の雨の日を過ごす「五つの知恵」を、以下の通り説明しています。

 

 

1.変えられることと変えられないことを見極めよう

 

2.老病死の主人公になろう

 

3.よき師(メンター)を持とう

 

4.真の楽観主義を選び取ろう

 

5.いかなる時も勇気を持とう

 

 

 

本書ではそれそれについて詳しく解説されています。詳細についてはぜひ、この本を手に取ってお読みください。

 

 

 

あなたも本書を読んで、「雨の日の過ごし方」を学び、失意の時こそ勇気を持って生きてみませんか。

 

 

 

2020年5月30日に、YouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』【第110回】アドラー心理学が教える「心の雨の日の過ごし方」にて紹介しています。

 

 

 

 

 

毎日1冊、ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『失意の時こそ勇気を-心の雨の日の過ごし方』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP