『不安な未来を生き抜く 最強の子育て 2020年からの大学入試改革に打ち勝つ「学び」の極意』

2018.02.18 (日)

2020年からの大学入試改革に打ち勝つための「学び」の極意と、不安な未来を生き抜くための「子育て」について、有識者ふたりが徹底討論した本があります。

 

 

本日紹介するのは、元外務省主任分析官作家佐藤優さんと、作家・政治家・社会活動家井戸まさえさんの3冊目の対談本となる、こちらの新刊書籍です。

 

 

佐藤優・井戸まさえ『不安な未来を生き抜く 最強の子育て 2020年からの大学入試改革に打ち勝つ「学び」の極意』(集英社)

 

 

この本は、2020年からの教育大改革により、幼児から社会人まですべての人の学び方や、生き方までも一新する日本社会において、親は、子は何をすればいいのか、を佐藤優・井戸まさえのふたりの論客が徹底的に討論したものです。

 

 

 

本書は以下の8部構成から成っています。

 

 

1.戦後最大級の大学入試改革くぉ迎え撃て

 

2.「4技能」時代に勝てる語学力の身につけ方

 

3.大学受験改革後、価値ある大学に進むには?

 

4.卒業後の人生を分ける、大学での学び方の極意

 

 

5.佐藤優が直伝! 子どもの学力をグンと伸ばす方法

 

6.教育とお金の問題

 

7.あなたの子どもはAI時代を生き残れるか

 

8.自立できる子ども・できない子ども

 

 

 

この本の冒頭で著者のひとりである井戸まさえさんは、「予想もつかないような変化が社会に起きることは間違いない。」として、「個人も国家もまるごと、それこそOSから変えなければ早晩行き詰まる」と指摘しています。

 

 

まさに、「2020年型OS」への移行とも言うべき変革が訪れようとしています。

 

 

 

そうした中で対談では、次のようなことを認識して、実行すべきだと提唱しています。

 

 

◆ 常に情報収集を

 

◆ すべての学力の基礎は「読む力」

 

◆ 論理の力が大切になるため、数学は捨てないで学ぶ

 

◆ 英語力は「聞く」「読む」「書く」「話す」の「4技能」を強化

 

◆ 語学上達の「踊り場」は、英検準一級、そこまでいけば英語力は落ちない

 

 

◆ 近場でもいいから海外に出かけて国際感覚と言語感覚を養う

 

◆ 大切なのは学歴ではなく、「学び」と「教養」

 

◆ 積極的に大学を調べ、良い教員を探す

 

◆ 本当に学びたいもの、将来必要なものを学ぶのが、大学の醍醐味

 

◆ 「SPI」の導入増、数学ができると就職も有利に

 

 

◆ 勉強は「質」を云々する前にまず「量」!

 

◆ 受験など新制度を先読みして、「情報リテラシー」を上げておく

 

◆ 勉強は環境、必死に勉強する子が近くにいる場を選ぶ

 

◆ 親の経済格差による教育格差が起きている

 

◆ 教育環境+地の利をよく見極めて住まいを決める

 

 

◆ AI時代こそ、基礎学力を鍛えておこう

 

◆ 興味を持つなら小学生からSTEM教育(Science, Technology, Engineering, Mathematics)もいい

 

◆ 世の中にあふれる「悪」を認め、知る

 

◆ 「自己承認欲求」が満たされていれば、親も子どもも迷わない

 

◆ 親こそ学んで、子どもにかまけず自立して生きる決意を

 

 

 

この本の最後で、佐藤優さんは、対談相手の井戸まさえさんの信念を、次のように紹介しています。

 

 

「弱者に寄り添い、具体的問題を解決するとともに、弱者を生み出すような社会構造を変える」

 

 

「人間が変わらなくては、社会は変わらない。それだから人間を変える上で、最も強い影響を与える教育に強い関心を持つ」

 

 

このふたりの対談本は、これまで以下の2冊が出ていて、今回は3冊目で初めて高等教育に関する議論をしています。

 

 

 

あなたも本書を読んで、2020年の大学入試改革を転機にした、不安な未来を生き抜く「最強の子育て」を考えてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『不安な未来を生き抜く 最強の子育て 2020年からの大学入試改革に打ち勝つ「学び」の極意』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP