『人間関係をしなやかにするたったひとつのルール はじめての選択理論』

2017.01.18 (水)

あなたの人間関係を今よりも快適にするための方法として、「選択理論」を分かりやすく解説している本があります。

 

 

本日紹介するのは、心理カウンセラー渡辺奈都子さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

渡辺奈都子『人間関係をしなやかにするたったひとつのルール はじめての選択理論』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 

 

この本は、私たちの悩みの90%以上を占めると言われている「人間関係の問題」について、ウィリアム・グラッサー博士が提唱する「選択理論」を採り入れることにより、解決していくことを説明している書です。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.人間関係を決めるたったひとつの違い

 

2.外的コントロール島の悲劇

 

3.選択理論アイランドの人間関係の秘訣

 

4.自分自身を上手にコントロールするために

 

5.もっと楽になる自分の生かし方

 

6.より良い人間関係を築くために

 

7.自分を幸せにする秘訣

 

 

本書の冒頭で著者は、「人間関係のあり方」を決める、たったひとつの違いは、次の二つの考え方の違いだ、と述べています。

 

 

◆ 外的コントロール心理学; 私は相手をコントロールすることができる

 

◆ 選択理論心理学; 私は自分だけをコントロールすることができる

 

 

すべての「人間関係の問題」は、外的コントロール心理学に基づいて、人を自分の期待通りにコントロールしようとするところから起こる、と著者は言います。

 

 

それに対して、「選択理論」では、人は自分の生き方を「選択」することができる存在だと考えます。そして、人間関係を良くするために身につけたい「7つの習慣」を以下の通り、挙げています。

 

 

1.耳を傾ける

 

2.励ます

 

3.尊敬する、敬意を払う

 

4.受け入れる

 

5.違いを交渉する、調整する、話し合う

 

6.信頼する

 

7.支援する

 

 

さらに、「選択理論」では、人の行動メカニズムを、次の「4つの要素」に分解して、セルフコントロールの方法を説明しています。

 

 

◆ 行為; 外から見て分かる動作や表情

 

◆ 思考; 頭の中で考えること、イメージすること

 

◆ 感情; 快/不快、気分や気持ち

 

◆ 生理反応; 身体反応、体内のコンディション

 

 

上記の4つの要素のうち、後輪である「感情」や「生理反応」は直接コントロールできないので、前輪である「行為」と「思考」をコントロールしなくてはならない、と説明しています。

 

 

そして、私たち人間は、次の5種類の「基本的欲求」に動機づけられて行動している、ということです。

 

 

1.愛・所属の欲求

 

2.力・価値の欲求

 

3.自由の欲求

 

4.楽しみの欲求

 

5.生存の欲求

 

 

これら「選択理論」の詳細に興味のある方は、ぜひウィリアム・グラッサー博士の著書をお読みください。

 

 

私たちは、意識しなければ、どうしても他人をコントロールしようとしてしまうものです。

 

 

人間関係をしなやかにし、幸せな人生を送るためには、すべての人が「選択理論」に基づいて、自分だけをコントロールする考え方を身につければいいのです。

 

 

あなたも本書を読んで、「選択理論」心理学を学び、人生で実践してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『人間関係をしなやかにするたったひとつのルール はじめての選択理論』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP