『リーダーのコミュニケーションの教科書』

2017.08.28 (月)

「あなたがコミュニケーションスキルを磨くことで、どんな部下も期待以上に動き、成果を出すことができます。」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、グリコなどを経て管財商社へ入社して取締役になり、会社倒産も経験したことから、その時の経験をもとにコミュニケーションの大切さを教える人財開発育成に関する企業研修公開セミナーを行う沖本るり子さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

沖本るり子『相手が“期待以上”に動いてくれる!リーダーのコミュニケーションの教科書』(同文館出版)

 

 

この本は、「できない部下」を「できる部下」に変えるのは、部下自身の問題というよりも、リーダーの「コミュニケーション不足」が原因とする立場で、リーダーにこそ必要な、話す・聴く・巻き込む技術を説明している書です。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.“ できない部下 ” を “ できる部下 ” に変える「リーダー」力

 

2.部下のやる気を育てる「観る」力

 

3.部下にきちんと伝わる「話す」力

 

4.部下が本音を話し出す「聴く」力

 

5.自ら考える部下に成長する「質問」力

 

6.部下の行動力を高める「巻き込む」力

 

7.” 期待以上 ” の成果を出す「職場改善」力

 

 

 

この本の冒頭で著者は、次のような部下に悩まされているリーダーが多い、と指摘しています。

 

 

◆ 話を聞かない

 

◆ 理解力が足りない

 

◆ 指示通りに動かない

 

◆ 報告もなく勝手に仕事を進めてしまう

 

◆ 自分で考えず、指示待ちのまま

 

 

とくに、リーダーと部下の間で、聞いた側の解釈の違いから、「言った・言わない論争」が展開されることが多い、と著者は言います。

 

 

したがって、説明をするときは、相手が「わかりました!」という言葉を発しても鵜呑みにせず、解釈の違いがないかを確認しましょう、と本書では述べています。

 

 

また、相手が自分と違う意見を言った場合、「間違い」と思うのではなく、まず「自分とは基準が違うのだ」と認識することが大切、ということです。

 

 

人は、自分のことを理解してくれようとしない人には、なかなか心を開けないものだからです。

 

 

次に、人の心を前向きに動かすには、「客観的な事実」を見て述べること、そして一番伝わる褒め言葉は、「見たままの行動」を伝えることだ、とこの本では解説しています。

 

 

本書の中盤では、リーダーの話す力、聴く力、質問力、巻き込む力について、具体例を挙げて説明されていますが、私が共感したポイントを以下に挙げておきます。

 

 

◆ 何をこれから言うのか、先に「タイトル(お題)」を宣言する

 

◆ 目標は伝えても目的まで伝えていない人が少なくない

 

◆ 聴き手の容量は、話し手の容量に比べて、とても小さく軽い

 

◆ 「相手と自分はまったく違う」ということを認識して話を聴く

 

◆ 相手の行動に焦点を当てた言葉を繰り返す

 

◆ 相手の言葉の「感情」に部分を繰り返す

 

 

◆ 「未来質問」(=「解決質問」)は、相手の可能性を引き出す

 

◆ 「良い結果が出たとき」に過去質問を使う

 

◆ 前提として話されたことは、よっぽど嫌なことでない限り、否定しにくい

 

◆ 安心して意見が言える仕掛けで巻き込む

 

◆ 意見は書き残して巻き込む

 

 

 

この本の最後では、リーダーの職場改善力について書かれていますが、リーダーがうまくコミュニケーションをとっていれば、以下のように信頼関係が築けるなど職場が改善していく、ということです。

 

 

◆ 些細なことでも部下が報告・連絡・相談ができる信頼関係がさらに築ける

 

◆ 失敗は隠さず、皆で共有する

 

◆ ミスが出た場合に、“ 人 ” に焦点を当てるのではなく、“ 事例 ” に焦点を当てる

 

◆ 部下の特技、できること、できたことを挙げる

 

◆ リーダーのコミュニケーション力は部下に伝播する

 

◆ 「あなたの部下でよかった」と言われるリーダーになる

 

 

あなたも本書を読んで、リーダーのコミュニケーションについて学んでみませんか。

 

 

 

私、大杉潤は、「まちの本屋」再生プロジェクトとして、クラウドファンディングにより、読書交流会トークショー・イベントを開催しています。

 

 

ぜひ、一緒に「まちの本屋」を応援しませんか。

 

https://camp-fire.jp/projects/view/35979

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『リーダーのコミュニケーションの教科書』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP