『情報は1冊のノートにまとめなさい 完全版』

2016.10.14 (金)

ノートによる情報整理のみならず、「ノートを使った知的生産」まで解説している本があります。

 

 

本日紹介するのは、出版社、新聞社記者を経て、ウェブ雑誌のライターから現在はノート作家として活躍する奥野宣之さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

奥野宣之『情報は1冊のノートにまとめなさい 完全版』(ダイヤモンド社)

 

 

この本は、もともと2008年に、『情報は1冊のノートにまとめなさい』(ダイヤモンド社)として発行されていたものを、5年経過した時点で、文房具やスマートフォンなど情報端末の進歩を踏まえて、全面改定・増補したリニューアル版として書かれたものです。

 

 

さらにただの改訂版ではなく、著者の最新のノウハウやテクニックを大幅に追加する「完全版」として、旧版を読んだ人も初めて読む人も、役に立つ内容としています。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.情報はシンプルでなければ使えない

 

2.ノート1冊でつくれる「知的生産システム」

 

3.1冊にまとめる「三つのツール」

 

4.効果的に情報を入れる「書き方・貼り方」

 

5.アイデアの素材を生み出す「ライグログ」

 

6.素材を活用へとつなげる「知的生産術」

 

7.ノートを自在に参照できる「索引化」

 

 

本書の冒頭で著者は、梅棹忠夫さんの『知的生産の技術』(岩波新書)を引用して、知的生産の定義を紹介しています。

 

 

それは簡単に言うと、「新しい情報をつくること」になります。梅棹さんの言葉では、「新しい情報をひとにわかるかたちで提出すること」です。

 

 

この本では、1冊のノートだけに必要な情報を入れてを使いこなすことにより、情報を活用しよう、という提案をしています。

 

 

本書の「ノート1冊方式」のメリットとして著者は以下の3つのメリットを挙げています。

 

 

◆ シンプルで簡単、迷いがない

 

◆ ストレスなく続けられる

 

◆ 自由度が高く、自分でアレンジできる

 

 

以上のメリットがあるから、「ノートは万能の知的生産システムになる」と、著者は言います。

 

 

本書の後半では、写真やイラストも随所に掲載しながら、著者が実際に行うノートの活用法を紹介していて参考になります。

 

 

ここでは具体的な手法を敢えて記載しませんので、興味の湧いた方はぜひ、本書をお読みください。

 

 

また、本書の巻末には「付録」として、「ノートを200%使い倒すアイデア集」が付属していて、これも参考になります。

 

 

さらに冒頭に紹介した梅棹忠夫さんの著書を初め、「知的生産」に関するおすすめブックガイドもあり、とても有益です。私も読んだ本ばかりで、すべて推薦したい良書なので、以下に掲載しておきます。

 

 

これだけ実践的な情報が1冊に網羅されていることが、多くの読者から支持を受けている理由なのだ、ということが分かる本です。

 

 

最後に、本書の旧版が出た後に、シリーズ化された著者の「1冊のノート」シリーズ他の関連本も、とてもいい本なので紹介しておきます。

 

 

あなたも本書を読んで、情報を1冊のノートにまとめ、「知的生産」に挑戦してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

50代からの人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『情報は1冊のノートにまとめなさい 完全版』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP