『色とココロの教科書 驚くほど自分の可能性がわかる色彩心理』

2018.04.01 (日)

「あなたが惹かれる色は、あなたの心を表現しています。あなたの周りにある色は、あなたの心に影響を及ぼしています。」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、仏ブランド・シャネルの日本法人に25年間勤務した後に独立起業し、「色とココロのコンシェルジュ」色彩心理の専門家である佑貴つばささんが書いた、こちらの新刊電子書籍です。

 

 

佑貴つばさ『色とココロの教科書 驚くほど自分の可能性がわかる色彩心理』(ごきげんビジネス出版)

 

 

この本は、次の2つの理由があって書かれたものです。

 

 

◆ 「色」の持つ力を知ってもらい、毎日に活かして欲しい

 

◆ 「色」を通して「本当にありたい自分」を取り戻し、「本来の自分」として楽しく生きるきっかけにして欲しい

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.色とココロの関係

 

2.本当の自分を取り戻すために

 

3.「惹かれる色」が語るあなたのココロ

 

4.「選んだぬり絵」の配色を通して自分と向き合うワーク

 

5.人生の転機は「惹かれる色」に表れる

 

 

 

この本の冒頭に、「今の自分」を見つめる準備として、(A)から(L)までの12種類のぬり絵が出てきます。この中から、「私は今、こんな気分」「こんなイメージ」と感じるものを選択しましょう、と著者は呼びかけます。

 

 

考え過ぎず、直感で選んでください、と記されています。

 

 

 

この後本書では、著者の佑貴さんが主催するワークショップやセッションの紹介がなされます。色彩で自己を表現し、自分の心を深く見つめるものです。

 

 

クレヨンや色鉛筆を使って「心惹かれる色」でぬり絵をし、絵を描いて、色に表れた深層心理を読み解きながら、自分と向き合うのです。

 

 

なぜそんなことをするのかと言えば、「言葉による表現には限界がありからです」と著者は言います。

 

 

そしてこの本では、人間の意識の9割以上を占める「無意識(潜在意識・深層心理)」、つまり自分では気づいていなくてコントロールできない部分「色」によってダイレクトに表現する、ということを説明しています。

 

 

続けて、「芸術療法(アートセラピー)」から「色彩アートセラピー」の説明へと話は展開していきます。

 

 

 

次に、「本当の自分」を取り戻すことについて、自らの体験をもとに、「頑張ってもココロは満たされなかった私」について、著者は語りかけます。

 

 

そして、「すべき・あるべき」から、「したい・ありたい」へと気持ちが変化してからは、毎日がとても楽しい、と述べています。

 

 

つまり、本来持っている「自分らしさ」「ありたい自分」を活かすことが本当の幸せにつながるのだ、と気づいたそうです。

 

 

 

著者の佑貴つばささんの体験によれば、「転機になる色」があり、「惹かれる色」は深層心理が語るもうひとつの言葉だ、ということです。

 

 

色は、体験・記憶・イメージとつながっていて、人はひとつひとつの色に「意味」を持たせているそうです。「惹かれる色」は、あなたの無意識からのメッセージで、自分の意識では気づいていない「心の変化」を教えてくれます。

 

 

 

さらに本書では、それぞれの「色」について、それが持つ意味や、ココロの変化色のイメージ効果などについて、一つひとつ丁寧な解説がなされています。

 

 

具体的な解説については、ここでは敢えて触れませんので、興味のある方はぜひ、この電子書籍をダウンロードした上で、直接お読みください。

 

 

 

本書の後半では、冒頭にあった「選んだぬり絵」について、その配色を通して自分と向き合うワークが掲載されています。

 

 

それぞれ自分が「選んだぬり絵」の部分は、目を皿のようにして読んでしまうことでしょう。私は、(C)の絵で、真剣に一字一句、読みふけりました。

 

 

「惹かれる色」「気になる色」が、自分のホンネに気づかせてくれる、ということです。惹かれる色は、「深層心理が語るもうひとつの言葉」と言えます。

 

 

そして、このぬり絵柄の場合、ボディには「自身の心と身体のコンディション」が表れやすく、ボディの外側には「人間関係や仕事など社会的な面」が表れやすいという特徴がある、と著者は言います。

 

 

とくに、ボディの上半身には、あなたの「感情」が表現されやすいそうです。そして、ボディの外側でも、一番近い部分には、距離的にも時間的にも、一番近い環境に対する思い・見方が表れます。

 

 

現在の、家庭・職場・仕事に対する感じ方や、その環境における人間関係、そこに自分をどう表現しているかどんな風に行動しているか、などが表れやすい、と本書では説明しています。

 

 

逆にボディから遠い部分には、距離的に遠い事柄将来こうあって欲しいという希望が表れやすい、ということです。

 

 

 

この本の最後には、著者が開いている「自分を見つめるセッション・ワークショップ」で、ぬり絵を使って実際に「今の自分」「色と感情のつながり」を読み説いた事例が掲載されていて、とても興味深く、参考になります。

 

 

とくに、人生の転換期(退職や離婚など)セッションを受けて、心の変化を見つめている事例が多く、一つひとつの事例を読んで、感銘を受けました。

 

 

人生の転機になっていると感じている人には、ぜひ読んで欲しい一冊です。

 

 

あなたも本書を読んで、驚くほど自分の可能性が分かる「色彩心理」について学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『色とココロの教科書 驚くほど自分の可能性がわかる色彩心理』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP