『働き方 完全無双』

2018.05.22 (火)

「沈みゆく日本で、あなただけが “ 無双 ” 状態で働くには、どうすればいいのか。人生の “ 抜け道 ” を教えよう。」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設して管理人となり、その後は多くの企業に携わって「ニコニコ動画」をはじめ大反響のビジネスを企画・実践している、ひろゆき(本名:西村博之)さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

ひろゆき『働き方 完全無双』(大和書房)

 

 

この本は、沈みゆく日本で、みんなと同じ働き方をしていては、全員が一緒にやられてしまうという問題意識のもとで、「無双状態で働く」ことを説明している書です。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.まずは「個人」と「社会」を分けるところから

 

2.能力なんてものは存在しない-個人の「攻め方」無双

 

3.あなたが社会に殺されないために-個人の「守り方」無双

 

4.会社がずっと生き残るわけないじゃん-経営者視点の「企業の論理」無双

 

5.日本はこうやって生き延びろ

 

 

 

この本の冒頭で著者は、どうして日本は「ヤバイ」(=詰んでいる)のか、について、次の3つの不況の原因を挙げています。

 

 

◆ インターネットで情報流通のコストが無料になった

 

◆ コンテナの発明で輸送費用がぐんと安くなった

 

◆ ゲーム理論的に正直に商売したほうがトクになった

 

 

 

こうした中で、「競争に勝ってお金を稼げる人」と「競争に負けてお金を稼げない人」の二極化は避けられない、と著者はいいます。

 

 

したがって、「別の生き方」として、「個人として、ワンチャンを狙いながら幸せを目指す」という生き方を本書では勧めています。

 

 

そこで著者の結論は、個人の「攻め方」「守り方」をマスターし、起業の「論理」を身につけて、業界としてよりよい「環境」に身を置くことです。

 

 

 

本書では「能力なんてものは存在しない」と言い切り、何か新しいサービスの上にいる人は、「たまたまそこにいる」というだけで突然、ゲタを履ける時期がある、と述べています。

 

 

世の中、何が当たるかはわからないものです。だったら、「新しいこと」にはとにかく首を突っ込んどけ、というのが著者の主張です。

 

 

また、「著述家が最強」説というのがあって、「会社を1個持っておくこと」を著者は強くすすめています。会社を持っておくと何でも経費にすることができるからです。

 

 

詳しくはぜひ、この本を手に取ってお読みください。とても分かりやすく仕組みが書かれていて、私も同感です。

 

 

 

続いてこの本では、「ブラック企業」から身を守る方法や、著者が以前からブログなどで発信している「ベーシックインカム」という制度について解説・推奨しています。

 

 

「ベーシックインカム」とは、最低限度の生活を保障するために、日本人全員にひとり7万円程度を配る制度のことで、失業しても生活ができます。

 

 

企業も解雇しやすくなるし、個人もブラック企業を辞めやすくなります。

 

 

そのほか、ひろゆき流の個人の生き残り戦略が説明されています。以下のような戦略です。

 

 

◆ さっさと寝る

 

◆ 「絶食」のすすめ

 

◆ 腰痛は冷やさないこと、肩凝りは筋トレで解決

 

◆ 依存をなくす

 

◆ 激しい運動より「歩け」

 

 

 

この本の後半に、経営者視点で、企業の「論理」を考えることが解説されています。著者の考え方のポイントは次の通りです。

 

 

◆ そもそも事業は「なくなるもの」である

 

◆ 「弱い個人」も戦える

 

◆ 「優秀なやつ」と「新しい産業」の足を引っ張るな

 

◆ 「行き過ぎた規制」が産業を潰す

 

◆ イス取りゲームではなく、「イスを増やす人」を応援せよ

 

◆ 死んでも「オワコン業界」は選ぶな

 

 

とくに「オワコン業界」については、銀行を例に挙げています。重要なのは、「あなたがいることで、売上の増減に影響があるかどうか」という点です。

 

 

 

そうした中で可能性がある分野は、「観光」「IT」だと著者は言います。但し、無人バスの事故に対する反応を見ると、日本では規制で新しい産業が伸びない懸念がある、ということです。

 

 

セグウェイドローン仮想通貨と同じ運命をたどるのではないでしょうか。

 

 

 

本書の最後には、日本の生き残り策について、著者の考え方が記されていて参考になります。以下の指摘は、世界の事例との比較で論じているので説得力があります。

 

 

◆ オイシイ業界は「観光」だけ

 

◆ 他の国とは違った文化を持つ「歴史的な街」がオイシイ

 

◆ マーライオンの戦略に学び、「他の国にないもの」を作る

 

◆ 「雪山のサル」で食っていけ

 

◆ 「カジノ」は長期的に正しい

 

◆ セレブのための「箱」を作れ

 

◆ 国内向けサービスは短い時間に集中して仕事をして生産性を上げる

 

◆ 海外の「安い労働力」を入れるな

 

 

 

この本の巻末には、付録として、「おすすめ観光リスト」「おすすめ映画リスト」「ベーシックインカム案」の3つが記されています。著者の想いがよく分かります。

 

 

テクノロジーの進化、とくにAII o T などにより、私たちのルーティン業務は取って代わられ、人材がコモディティ化していきます。

 

 

あなたも本書を読んで、「完全無双状態で働く」ことを考えてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『働き方 完全無双』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP