『40代でシフトする働き方の極意』

2017.12.10 (日)

「バブル崩壊後に成人となり、就職氷河期を経験した40代は、運が悪い世代」と指摘し、40代の人に焦点を当て、生き残りのための実践的な指針を示している本があります。

 

 

本日紹介するのは、作家元外務省主任分析官佐藤優さんが書いた、こちらの新刊新書です。

 

 

佐藤優『40代でシフトする働き方の極意』(青春新書インテリジェンス)

 

 

この本は、会社に潰されてしまうことなく、人間関係に過度な緊張をもたらさず、上手に生き残っていく方策について、著者の考えを率直に記したものです。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.40代からの「働き方」

 

2.40代からの「発想力」

 

3.40代からの「リーダーシップ」

 

4.40代からの「人脈と友人関係」

 

5.40代からの「時間の使い方と学び方」

 

6.40代からの「人づき合い」

 

7.「豊かな40代」は40代のすごし方で決まる

 

 

 

この本の冒頭で著者は、政府や役人が考える「上から目線の改革」とは別に、私たちは個々で仕事に対する向き合い方や意識を変革し、本当の意味での「働き方改革」をする必要がある、と説いています。

 

 

例えば、本業に影響が出ない範囲で副業を始める50歳で転職や独立を目指すなど、ストーリーを立てて戦略を練るのだ、と本書では述べています。

 

 

また、シングルを貫く人は相応の覚悟が必要で、結婚は人生最大のセーフティネットだ、と著者は説明しています。

 

 

さらに、発想力を鍛えるためには、職場とは別の「自分の場」を持つことをこの本では提唱しています。

 

 

そして、発想力の源泉は「論理力」で、日本人の数学力が衰えつつあることに著者は警鐘を鳴らしています。

 

 

このほか本書の中盤以降では、次のような興味深い論点が整理されています。

 

 

◆ サーバント型リーダーシップ

 

◆ サイコパスに注意

 

◆ 50歳を過ぎたら人間関係を絞り込む

 

◆ 1日、1週間の時間配分を決める

 

◆ 時間泥棒から自分を守る

 

 

あなたも本書を読んで、「40代でシフトする働き方の極意」を学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『40代でシフトする働き方の極意』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP