書評ブログ

『仕事が速い人は、「これ」しかやらない ラクして速く成果を出す「7つの原則」』

「仕事が速い人」と「遅い人」の絶対的な違いは、どこにあると思いますか?と問いかけ、その答えはズバリ、「注力すべき仕事を見極め、その仕事を最速で片づける能力」そして、「そうでない仕事は、うまく人に任せる能力」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、1968年北海道生まれで、建設会社役員、税理士、大学講師、時間管理コンサルタント、セミナー講師5つの仕事を掛け持ちするスーパーサラリーマン石川和男さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

石川和男『仕事が速い人は、「これ」しかやらない ラクして速く成果を出す「7つの原則」』(PHP研究所)

 

 

この本は、著者の石川さんが、自分の人生を取り戻す中で見つけた「最速仕事術」の要点である「仕事の力の入れどころ」とテクニックの数々を紹介し、読者の毎日そしてこれからの人生を変える役に立てればと考えて記した書です。

 

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

 

1.仕事が速い人の「7つの原則」

 

2.作業効率が劇的に上がる最速「タスク処理」メソッド

 

3.もう仕事を抱え込まない「コミュニケーション」の秘訣

 

4.1秒でもムダにしない「チーム仕事」が速くなるコツ

 

5.「0→1」を最速で生み出すクリエイティブ思考術

 

6.自分の時間が増える「すぐやる人の習慣」

 

 

 

この本の冒頭で著者は、仕事が速い人の「7つの原則」を以下の通り、説明しています。

 

 

◆ あらゆることに「期限」を決めろ

 

◆ 仕事が速い人は「5秒」で動く!

 

◆「動きながら考える力」を持つ

 

◆ すべての仕事を「細分化」せよ

 

◆ 他人の時間を上手に使う「任せ方」

 

◆ 仕事は「時給」で考える

 

◆ やらないことを決める

 

 

 

とくに仕事が速い人が身につけている「3つの能力」として、以下の3つを強調しています。

 

 

1.自分が注力すべき仕事を、最速で処理する能力

 

2.人(や物)に任せるべき仕事を、うまく任せる能力

 

3.自分が注力すべき仕事とそうでない仕事を、適切に見分ける能力

 

 

 

また、アメリカのテレビ司会者メル・ロビンス氏が提唱している「5秒ルール」(=人間の脳は5秒以上考えてしまうと、やらなくてもいい理由を考え始める)を解説し、すぐに行動するためのヒントとして、心理学者クレペリンが発見した「作業興奮」(=作業をやることで脳が興奮し、その作業をやり続けたくなる)を紹介しています。

 

 

 

続いて、仕事を「細分化」するアイスピック仕事術や、仕事の「時給」から費用対効果を考えること、「やらないこと」を決めることの重要性を説明しています。

 

 

 

本書の中盤では、「タスク処理」メソッド、「コミュニケーション」の秘訣、「チーム仕事」が速くなるコツを解説しています。主なポイントは以下の通りです。

 

 

◆ 仕事スイッチをオンにして、最初のアクセルはゆっくり踏み込む

 

◆「やることノート」の項目を消していく快感が、仕事の速度を上げる

 

◆ 日本のオフィスでは、「14分間集中+1分休憩」が最適

 

◆ 究極の目標が、あなたの時間を濃くしてくれる

 

 

 

◆「デスクの上に何も残さない」から集中力が極限まで高まる

 

◆ 部下やメンバーの仕事の効率を上げるには「私はあなたを気にかけていますよ」というサインを送る

 

◆「探す時間」の撲滅には、チーム全員で物減らし!

 

◆「目標」「目的」「期限」「数字」を共有すれば、自然とやる気は上がる

 

 

 

この中で著者は、「仕事の遅い人」の原因として次の7つを挙げ、対処法を示しています。

 

 

1.完璧主義

 

2.全体像がわかっていない

 

3.優先順位がつけられない

 

4.指示が理解できていない

 

5.仕事に不慣れ

 

6.自信がない

 

7.整理整頓ができない

 

 

 

この本の後半では、クリエイティブ思考術と、自分の時間が増える「すぐやる人の習慣」を整理・解説しています。私がとくに共感し、実践しているポイントを以下に挙げておきます。

 

 

◆ インプットなくしてアウトプットなし!

 

◆「制限」を設けるほうが、クリエイティブな仕事は速くなる

 

◆ 他人の脳みそを借りる

 

◆「会話」は「アイデアの母」

 

 

 

◆「朝時間」は「緊急ではないが重要な仕事」にあてる

 

◆ 朝は人生を変えるゴールデンタイム

 

◆ 良い本との出会いは、仕事の速度を上げ、人生を変えてくれる

 

◆ 本を読んだら、内容を実際に試して、習慣化してこそ価値がある

 

 

 

本書の最後で著者は、「15分でもカフェに入る」ことと、仕事を速くする「究極の習慣」として、「高みを目指すよい仲間が、自分を高みへと連れて行ってくれる」ということを紹介しています。

 

 

 

この2つは、まさに私自身が実践している「究極の習慣」でもあり、心から共感し、多くの方々に推奨したいことです。

 

 

 

この本は、5つの仕事をこなすスーパーサラリーマンである石川和男さんの究極の時間管理術と人生の組み立て方のコツを丸ごと学べる本で、ぜひ一読をお薦めします。

 

 

 

2020年4月14日に、YouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』、今日は【第64回】仕事が早い人の「7つの原則」にて紹介しています。

 

 

 

 

 

毎日1冊、ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!