書評ブログ

『見るだけでお金が貯まる賢者のノート』

「親世代とはお金の価値観が違う。これからはお金と向き合っていこう!」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、1957年生まれ、慶應義塾大学卒業後に大手金融機関で40年間勤務し、14回の部署異動、11回の転勤、11年間の単身赴任生活など「会社一筋の人生」を貫き、その後はファイナンシャルプランナーとして、自身のライフプランを見直して老後1億円資産の捻出方法を確立するとともに、専門雑誌のコラム講演活動50代から同世代のリタイア世代にエールを送り、年間300件を超えるFP個別相談を行っている水上克朗さんが書いた、こちらの書籍です。

 

水上克朗『見るだけでお金が貯まる賢者のノートー1億円貯めたFPが教える 100%トクするお金の習慣』(自由国民社)

 

 

この本は、1億円資産の捻出方法を確立した著者の経験および年間300件を超えるFP個別相談にもとづき、「見るだけでお金が貯まる賢者のノート」として、その秘策を73項目に分けてまとめている書です。

 

 

本書は以下の8部構成から成っています。

 

1.老後のために押さえておきたいお金の常識

2.あなたはお金をリスクなしで増やしたい?

3.あなたは知らずしらずたくさんのお金を浪費していませんか?

4.お金を増やすならやっぱり投資! 失敗しないコツとは?

 

5.将来もらえる年金額の把握と老後に備えて準備しよう!

6.マイホームは人生で一番高い買い物! 住宅ローンは慎重に決める!

7.50歳以降に迎える収入ダウンの現状に賢く備えよう!

8.親が元気なうちにお金の状況をリストアップしておこう

 

 

この本の冒頭で著者は、「平成の30年間で『お金』に関する常識は大きく変わった」として、変化した数値の一覧表を掲載しています。(この表が優れモノです!)

 

 

本書の前半では、「老後のために押さえておきたいお金の常識」およびあなたはお金をリスクなしで増やしたい?」について、以下のポイントを解説しています。

 

◆ 家計の収入と支出を確認する

◆ 資産と負債を書き出しバランスシートを作ってみよう

◆ お金は「置き場所」を預貯金から投資に変えて増やすことが重要

◆ 複利は人類最大の発明、「複利効果」を活用する

 

◆ 目標を明確にしてお金を貯める(手取り月収の2割)

◆ お金は「使う」「貯める」「増やす」の3大区分で先取り強制貯蓄を

◆ 人生には4度の「貯め時」がある

◆ 年金はどの世代でも「払い損」はない

 

 

この本の中盤では、「あなたは知らずしらずたくさんのお金を浪費していませんか?」「お金を増やすならやっぱり投資! 失敗しないコツとは?」および将来もらえる年金額の把握と老後に備えて準備しよう!」について、説明しています。主なポイントは次の通り。

 

◆ 生命保険(死亡保障)は人生の4大イベントで見直す

◆ 医療費は貯蓄で備えるのが基本(高額療養費制度を使う)

◆ クルマは金食い虫

◆ 家庭の支出は、まず固定費を見直す

 

◆「長期・積立・分散」投資は世界的な王道

◆「投資信託の積立投資」から始めよう

◆ インデックス型投資信託で長期投資

◆ 投資信託は信託報酬を基準に選ぶ

 

◆「つみたてNISA」と「iDeCo」を併用する

◆「株式投資」と「不動産投資」はビジネス、勉強が不可欠

◆ 公的年金の平均受給額は月14.5万円、生活費は月22万円

◆ 公的年金を増やす方法は、➀厚生年金に加入して長く働く、②年金を繰り下げ受給する、③60歳以降に国民年金に任意加入する

 

◆ 共働き世帯は最強

◆ 40代、50代から副業を始める

◆ 早期退職は生涯賃金を大幅に減らすリスクが

◆ 自己投資は自分の将来価値を高めるお金の使い方

 

 

本書の後半では、「マイホームは人生で一番高い買い物! 住宅ローンは慎重に決める!」「50歳以降に迎える収入ダウンの現状に賢く備えよう!」および親が元気なうちにお金の状況をリストアップしておこう」について、著者の経験やノウハウを紹介・解説しています。主なポイントは以下の通りです。

 

◆ 住宅ローンの頭金は物件価格の20%が目安

◆ 住宅ローンは35年ローンの繰り上げ返済より短くローンを組む

◆ 教育ローンより奨学金が有利

◆ 持ち家と賃貸はどちらがトクかは一概に言えない

 

◆ 50歳以降に迎える「収入ダウンの4つの崖」

◆ 1人当たり介護費用は、約580万円

◆ ライフプランを「見える化」して家計キャッシュフロー表を作成

◆ 相続の準備は、親が元気なうちに子ども主導で

 

 

この本で提唱している「秘訣37項目」は、新刊拙著『定年ひとり起業マネー編』(自由国民社)および前著『定年ひとり起業』(自由国民社)にて私が提唱しているマネープラン生涯現役の働き方と同じコンセプトで共通する項目が多く、心から共感しました。

 

 

本書の締めくくりとして著者は、「お金がすべてではありません。健康、生きがいも欠かすことができないものです。」と述べています。

 

 

さらに、「足るを知る」「自分たちの身の丈に合った生活を送る」ということの大切を強調しています。

 

 

あなたも「見るだけでお金が貯まる賢者のノート」というべき本書を読んで、お金に困らない人が知っている「お金の習慣」を身につけ、幸せな人生を送りませんか。

 

 

ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

では、今日もハッピーな1日を!【2842日目】