書評ブログ

『みるみる幸運体質になる!「自分ほめ」』

「ほんとうの自信とは、ありのままの自分を認めること、そして自分の小さな期待に一つひとつ応えることによってつくられていくものです。」と述べて、「自分ほめ」を提唱している本があります。

 

本日紹介するのは、鹿児島県出身で化粧品会社事務、塾講師、衣料品店店長、着物着付け講師、ブライダルコーディネーター、フリー情報誌編集者など、多くの職業経験を生かして、働く女性のアドバイザー的存在として書籍、雑誌などで執筆している作家、写真家有川真由美さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

有川真由美『みるみる幸運体質になる!「自分ほめ」』(秀和システム)

 

この本は、心も体もよろこび、やる気がぐんぐんわいてくる「自分ほめ」の知恵を、毎日の生活にとりいれるように、「自分ほめ」の効果や例を紹介・解説している書です。

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

1.「自分ほめ」で人生が変わる

2.「自分ほめ」のコツが身につけば、一生ものの財産になります

3.一日を明るく元気にする「自分ほめ」

4.自分の魅力を最大限に生かす「自分ほめ」

5.イライラ、モヤモヤを癒やす「自分ほめ」

6.人間関係をやわらかくする「自分ほめ」

7.「自分ほめ」を効果的にするオプションがあります

 

この本の冒頭で著者は、「自分ほめ」とは、自分自身で自分に「いいね!」をだしていくこと、と述べています。

 

さらに、「ほめる」とは、たんに上から目線でジャッジ(評価)することではなく、自分のなかにある “愛” を育てていくトレーニングだとしています。感謝すること、誇りに思うこと、励ますこと、癒やすこと、労うこと・・・そんな愛のある言葉をまとめて「ほめる」なのです。

 

続いて、「自分ほめ」の効果として、以下の7つを挙げて解説しています。

◆ ”幸運体質” になる(プラスの視点がクセになる)

◆ 他人の評価に振り回されず、自分が満足できる生き方ができる

◆ 自分を信じられるので、パフォーマンスの質が上がる

◆ イライラ、クヨクヨの感情に振りまわされなくなる

◆ 自分を好きになり、さらに魅力が高まる

◆ 人に対するストレスが減り、人間関係が良好になる

◆ つらい出来事や、後悔を人生の糧にできる

 

次に、「自分ほめ」のコツが身につけば、一生ものの財産になるとして、次の13のコツを具体例とともに紹介しています。

1.まずは、「あたりまえ」にしていることをほめる

2.「いいな」と思ったら、いつでもどこでもすぐにほめる

3.「失敗した!」「私ってダメ!」というときでもすぐにほめ直す

4.感動したときは、ほめる絶好のチャンス

 

5.自分を他人と比較してほめてはいけない

6.”結果” よりも ”プロセス” をほめる

7.些細な変化に気づいてほめる

8.自分への「ありがとう」は最高のほめ言葉

 

9.人からほめられたときは、一緒に自分をほめる

10.一歩でも進んだら、大いにほめる

11.感情を切り口にしてほめるのは、自分と深い話をすることになる

12.マイナスのことをプラスの言葉に変換してほめる

13.迷ったときは「そうなりたい自分」を先どりしてほめる

 

本書の中盤以降では、明るき元気にする、自分の魅力を最大限に生かす、イライラやモヤモヤを癒やす「自分ほめ」習慣として、全部で78の習慣を紹介・解説しています。

 

私がとくに共感する「自分ほめ」習慣は以下の通りです。

◆ 夢中になっていることをほめる

◆ 何かを終わらせたことをほめる

◆ 間違いに気づいたことをほめる

◆ 考え方をほめる

 

◆ 約束を守れたことをほめる

◆ 選択をほめる

◆ タイミングをほめる

◆ いつもと違う行動、新しい挑戦をほめる

 

◆ 性格をほめる

◆ 得意なことをほめる

◆ 知識と好奇心をほめる

◆ これまでの人生をほめる

 

◆ 理想を追い求めることをほめる

◆ 孤独をほめる

◆ 後悔しないことをほめる

◆ 穏やかになったことをほめる

 

◆ 人に感謝できることをほめる

◆ 人に頼ることをほめる

◆ 人のやさしさに気づいたことをほめる

◆ 愛することをほめる

 

この本の最後で著者は、「自分ほめ」を効果的にするオプションを紹介しています。主なものは次の通り。

◆ 悩み事を書き出す

◆ 人と話すことで、自分が見えてくる

◆ 自分を深く理解するために ”ひとり時間” をつくる

◆ 歩くことは「自分ほめ」を最強にする

◆ 活動や成長の記録をつけて、ほめる

 

この本の締め括りとして、「自分ほめ」を習慣化すること、および「自分が存在していること」を無条件にほめることを著者の有川さんは提唱しています。

 

「私は私のままで素晴らしい」「どんな自分であっても私は私が好き」「存在自体に感謝」「生きているだけで幸せ」「何があっても私は私を信じる」という「自分ほめ」です。

 

あなたも本書を読んで、みるみる幸運体質になる「自分ほめ」を実践してみませんか。

 

ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

では、今日もハッピーな1日を!【2498日目】