書評ブログ

『あなたの1日は27時間になる。』で人生と仕事を整理しよう!

「仕事に追われる人生から、追いかける人生へ!」と呼びかける書があります。「自分だけの3時間」を作る人生・仕事の超整理法を説いている本です。

 

 

本日紹介したいのは、税理士木村税務会計事務所代表木村聡子さんが書いた、こちらの新刊書です。

 

 

木村聡子『あなたの1日は27時間になる。』(ダイヤモンド社)

 

 

この本は、次のような悩みを解決するために書かれました。

 

 

◆ 残業が習慣化してしまっている

 

◆ 深夜帰宅で朝起きるのがつらい

 

◆ なぜかいつも疲れている

 

◆ がんばっているのに、どんどん仕事が溜まる

 

◆ 仕事が忙しくて、デスクまわりがグチャグチャ

 

 

そうした悩みを解決する方法が、「自分だけの3時間」を作る4週間プログラムであり、時間があなたに自由と選択肢を与えてくれる、と著者は言います。

 

 

 

本書は4週間のプログラムに沿って、以下の4部構成から成っています。

 

 

1.1日のリズムを整える

 

2.仕事の渋滞をなくす

 

3.仕事環境を効率的にする

 

4.仕事をスピードアップさせる

 

 

本書には、著者の木村税理士が試行錯誤の末に編み出した「仕事を短時間で終わらせる4つのポイント」が凝縮して書かれています。

 

 

具体的には上記の4部構成に沿ったものですが、分かりやすくひと言で説明すると次のようになります。

 

 

1.1日の「過ごし方」を見直し、「残業してでもいい仕事をしよう」というマインドを捨てる

 

2.「仕事の段取り」を徹底し、仕事を溜めず、「効率的に流す方法」を考える

 

3.「仕事環境」を効率的にして、「物を探す時間」をセロにする

 

4.「仕事のスピード」をアップさせ、1秒でも早く手を動かす工夫をする

 

 

これらを実現するために、著者は「ムリなく」「習慣化できる」に焦点を当てた「4週間プログラム」を開発しました。

 

 

「10分でもいいから早く出社する」といった本当に簡単なことから最初は始めることだ、と木村さんは言います。

 

 

最も恐ろしいのは、残業や長時間労働の「習慣化」であり、それを当然のこととする「考え方」です。そして「やってもやっても仕事が終わらない、常に仕事に追われている」という状態の最大の原因である「仕事の渋滞」を解消しましょう。

 

 

最後に著者の木村さんが辿り着いた現在の1日のスケジュールを紹介しておきます。

 

 

◆ 4時 起床(身支度、家事など)

 

◆ 6時 仕事の環境整備(掃除・行動予定の確認・メールチェックなど)

 

◆ 7時 仕事(本業)スタート!⇒ クリエイティブで難しい仕事を優先的に行う

 

(集中力を持続させるために、「25分仕事⇒5分休憩」のリズムを守る)

 

 

◆ 15時 仕事(本業)はここまで!

 

◆ 15時~18時 自分のための3時間(スキルアップの勉強、自己投資、趣味・休息など)

 

◆ 18時30分 夕食

 

◆ 20時30分 入浴

 

◆ 22時 就寝

 

 

まさに理想的なタイムテーブルで、「自分だけの3時間」を確保しているので、まるで1日が27時間になった感覚です。

 

 

あなたも本書を読んで、「あなたの1日を27時間にする」ことに挑戦してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

https://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

自分が主役の人生設計ができる読書術

無料レポートはこちら »