テーマ「読書術・速読&多読法」の投稿一覧

『本屋、はじめました-新刊書店Title開業の記録』

2017.07.16 (日)

東京の荻窪に Title という本屋を個人で立ち上げた経験、すなわち、「本屋をつくるにはどうすればよいのか」と考えて実践してきた積み重ねを記録した本があります。     本日紹介するのは、早稲田大学政 … 続きを読む»

神保町「ブックハウスカフェ」牛窪万里子トークショー報告

2017.07.02 (日)

2017年5月5日に、明治35年創業、神保町の老舗洋書店・北沢書店の1階に「ブックハウスカフェ」が誕生しました。     そして翌6月より、毎月1回、私、大杉潤プロデュースによるイベントを、「ブックハ … 続きを読む»

『東京こだわりブックショップ地図』

2017.06.24 (土)

本は、生きていく上で必ずなくてはならないものではないため、「本屋さんは買ってもらうためにあらゆる工夫をする。その工夫は店ごとに様々で、店主や書店員さんの熱と技が詰まっている。」と述べている本があります。   & … 続きを読む»

【書店再生プロジェクト】~ 第3回読書交流会 in 駒込

2017.05.29 (月)

こんにちは、ビジネス開拓アドバイザー 兼 ブロガーの大杉潤です。     今日は、【書店再生プロジェクト】のイベントとして、2017年4月14日(金)、4月27日(木)に続いて、第3回目の「読書交流会 … 続きを読む»

北沢書店ブックハウスカフェのオープンセレモニー

2017.05.07 (日)

2017年5月5日(金)にリニューアル・オープンした神保町の老舗洋古書店「北沢書店」1階「ブックハウスカフェ」のセレモニーに行ってきました。     歴史ある古本屋街として出版文化を支えてきた街が、イ … 続きを読む»

『まちの本屋』

2017.05.05 (金)

本屋に生まれ、子どもの頃から本に囲まれて、好きな本を好きなだけ読むことのできる環境で育った著者が、家業を継いだ書店を閉鎖した後、岩手県の書店に再就職して店長を務めながら、「まちの本屋」の役割・使命について書いた本がありま … 続きを読む»

『文春砲 スクープはいかにして生まれるのか?』

2017.05.01 (月)

1959年4月創刊で、日本の総合週刊誌として老舗の『週刊文春』が時代を象徴する事件のスクープを連発し続ける理由を解説している本があります。     本日紹介するのは、2016年に数多くの政治家スキャン … 続きを読む»

【書店再生プロジェクト】~第2回読書交流会 in 駒込

2017.04.30 (日)

こんにちは、ビジネス開拓アドバイザー 兼 ブロガーの大杉潤です。     今日は、2017年4月14日(金)に開催した、【書店再生プロジェクト】のイベント「第1回読書交流会 in 駒込」に続いて、4月 … 続きを読む»

【書店再生プロジェクト】~第1回読書交流会 in 駒込

2017.04.16 (日)

こんにちは、ビジネス開拓アドバイザー 兼 ブロガーの大杉潤です。     今日は、2017年4月14日(金)に、【書店再生プロジェクト】の第1弾イベントとして開催しました「第1回読書交流会 in 駒込 … 続きを読む»

『「本をつくる」という仕事』

2017.04.09 (日)

「一冊の本には書き手や編集者だけではなく、様々な “ 本をつくる人々 ” がかかわっている。」と述べて、カバーや本文をデザインする装幀家、書体をつくる人、製本の会社、製紙工場、原稿の誤りを正す校閲者など、「本」にかかわっ … 続きを読む»

1 2 3 4 5 6 12

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP