『仮想通貨時代を生き抜くための「お金」の教科書』

2019.07.07 (日)

「お金」の歴史を学び、その本質を押さえ、様々なエピソードを知ることによって、「お金」に対して新たな視点を加えてくれる本があります。

 

 

本日紹介するのは、慶應義塾大学大学院修士課程修了、コロンビア大学経済学部大学院博士課程修了の後、IMF(国際通貨基金)エコノミストを経て、日本銀行政策委員会審議委員を務め、現在は慶應義塾大学教授白井さゆりさんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

白井さゆり『仮想通貨時代を生き抜くための「お金」の教科書』(小学館)

 

 

この本は、「お金」とは一体どのようなものなのか「お金」について総合的に学べる「教科書」としても役割を持った書です。

 

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

 

1.「お金」の歴史

 

2.中央銀行と「お金」

 

3.「お金」とは何か?

 

4.仮想通貨-その本質と可能性

 

5.仮想通貨時代の「お金」のゆくえ

 

6.「仮想通貨時代」を生き抜くために

 

 

 

この本の冒頭で著者は、仮想通貨を含めた「お金」の本質を理解し、これらと上手く付き合っていく術を学べば、将来に対する不安が和らぎ、精神的にも物質的にも豊かな生活を手に入れる一助になる、と願いを述べています。

 

 

 

本書では、著者が経験した中央銀行の仕事について、その役割や「お金」との関わり方を示し、さらに「お金」とは何かという、本質的な問いに答えています。

 

 

 

またいろいろと話題の仮想通貨についても、次のような視点から、その捉え方今後の付き合い方について、多くの示唆を与えてくれています。

 

 

◆ ブロックチェーンという技術の特性

 

◆ 法定通貨になれるのか

 

◆ キャッシュレス決済の現在と未来

 

◆ 金融の世界における変化

 

◆ 仮想通貨の光と影

 

 

 

本書は、漠然とした不安を抱く私たちに対して、仮想通貨や「お金」の本質を提示し、しっかりと向き合うことを提言しています。

 

 

 

あなたも本書を読んで、「お金」を正しく理解し、今後の変化にしっかりと向き合いませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

 

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『仮想通貨時代を生き抜くための「お金」の教科書』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP