『いま君に伝えたいお金の話』

2018.11.01 (木)

「もっとみんなが上手にお金と付き合えるようにならないと、この国がダメになってしまう」と危機感を訴えて、著者が父親やお金のプロとして学んできたことを、日本の子どもたちに伝えていこうと思って書かれた本があります。

 

 

本日紹介するのは、1959年生まれで通産省(現・経済産業省)に入省し、国家公務員としてコーポレート・ガバナンスの普及に従事して、その後独立、投資ファンドを運営し、現在は投資家として活動する村上世彰さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

村上世彰『いま君に伝えたいお金の話』(幻冬舎)

 

 

この本は、著者の村上世彰さんがこれまでいくつかの学校で行った「お金の授業」のなかから本当に伝えたい話をまとめたものです。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.お金って何だろう? お金のことを知ってお金に強くなる

 

2.お金と世の中の関係 プライスタグから世界が見える

 

3.君がお金を手にする方法

 

4.働き方が大きく変わる

 

5.稼いだお金を貯めて増やす

 

6.お金と向き合うための覚悟

 

7.とっておきのお金の使い方

 

 

 

この本の冒頭で著者は、お金には次の「3つの機能」があると解説しています。

 

 

◆ 何かと交換できる

 

◆ 価値をはかることができる

 

◆ 貯めることができる

 

 

著者が伝えたいのは、「お金」はこうした機能を持った便利な道具以上でも以下でもない、ということです。つまり「お金」そのものは、悪いものでもいいものでもないのです。

 

 

 

次に本書では、以下のように「お金がなぜ大切か」ついて説明しています。

 

 

◆ 自立して生きていくためには、お金は絶対に必要である

 

◆ やりたいことをやるには、余分なお金があったほうがいい

 

◆ 君がお金を持っていれば、人を助けることができる

 

 

 

さらに、著者がお金について伝えたいことが挙げられていますが、私も共感する主なものを以下に紹介します。

 

 

◆ お金と仲良くする方法(お金に支配されないために必要なこと)は自分なりの「ものさし」を持つこと

 

◆ あらゆる値段は世の中と結びついている

 

◆ 好きなことを仕事にして稼ぐ

 

◆ 夢を追いかけるときこそお金が大事

 

◆ ミッションは仕事をするうえでとても大切なこと

 

 

◆ もはや「会社員は気楽な稼業」ではない

 

◆ 自分で新しい仕事を創る

 

◆ ミッション(使命)を見つけるにはビジョン(ゴール)が必要

 

◆ お金は、お金を生む卵

 

◆ 増やすための秘訣は「期待値」という考え方

 

 

 

著者はこの本の何カ所かで、「お金」の感覚を身につけるためのゲームを紹介しています。とても興味深いトレーニングなので、以下に紹介しておきます。

 

 

◆ 食事代当てゲーム

 

◆ ポーカー

 

◆ じゃんけんゲーム

 

◆ 31ゲーム

 

◆ 七並べ

 

 

 

最後に著者は、とっておきのお金の使い方について述べています。詳細はぜひ、この本を手に取ってお読みください。

 

 

あなたも本書を読んで、「お金に対する考え方」を身につけてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、2018年11月10日までにメルマガ登録いただければ、無料で差し上げます。

 

 

 

2018年11月11日に創刊号が発刊される大杉潤の新規メルマガ『ビジネス書10000冊から』への登録は、以下のリンクをクリックしてください!

 

 

https://tsuku2.jp/storeDetail.php?scd=0000049956

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『いま君に伝えたいお金の話』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP