『怒りにとらわれないマインドフルネス』

2019.08.24 (土)

怒りたくないのに起こってしまうあなたに向けて、マインドフルネスという素晴らしい叡智を使って、「怒り」を「思いやり」や「喜び」の感情へ変化することを目標に、分かりやすく解説してくれる本があります。

 

 

本日紹介するのは、1957年神戸生まれ、鹿児島大学医学部を卒業し、2011年に心のトリセツ研究所を設立、日本キネシオロジー学院 顧問で、精神科医、作家藤井英雄さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

藤井英雄『怒りにとらわれないマインドフルネス』(大和書房)

 

 

この本は、「人がまぜ怒ってしまうのか」など怒りの仕組みを知り、「今ここ」に生きることであらゆるネガティブ思考を客観視して手放し、ネガティブ感情を癒す素晴らしいツールであるマインドフルネスについて、その実践法を解説している書です。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.怒りたくないのに怒ってしまうわけ

 

2.怒りをあるがままに見つめる

 

3.本当の怒りを知り、解消する

 

4.怒りを遠ざけ、思いを伝える

 

5.相手の怒りを受け止める

 

6.マインドフルネス・ストーリー

 

7.アンガーダイアリーで記録する

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「怒っている状態とは、交感神経の緊張状態です。」と説明しています。

 

 

これは、目の前に敵が現れたら交感神経が緊張し、アドレナリンを出して自分を守るための本能の名残だ、と本書では述べています。

 

 

 

続いて「マインドフルネスとは何か」を説明し、マインドフルネスは自己肯定感を高める楔である、としています。

 

 

 

次に、怒りを鎮める「13のマインドフルネス瞑想」が以下の通り、紹介されています。

 

 

◆ ゆっくりと止めず、呼吸する

 

◆ 眉を上げる

 

◆ 口を開く

 

◆ 口角を上げる

 

 

 

◆ 穏やかに発音する

 

◆ 肩の力を抜く

 

◆ 手を開き、指をそらす

 

◆ 足の指を曲げ伸ばしする

 

 

 

◆ 水をひとくち飲む

 

◆ 重心を変える

 

◆ ゆっくり歩く

 

◆ 跳ねる

 

◆ ハイタッチ、ガッツポーズをする

 

 

 

さらに、陰陽五行論で、循環する「5つの感情」を次の通り、解説しています。

 

 

◆ 木: 怒り

 

◆ 火: 喜び

 

◆ 土: 思いやり

 

◆ 金: 悲しみ

 

◆ 水: 恐れ

 

 

著者によれば、この順番が重要で、「怒り」はその前の感情である「悲しみ」→「恐れ」と連鎖して出てくる感情、ということです。

 

 

 

また、陰陽五行論を解説する中で、西洋医学では扱われないが、東洋医学では診断・治療に使う、以下のアプローチを著者は紹介しています。

 

 

◆ 氣・血・水

 

◆ 未病

 

◆ 陰陽

 

◆ 五行=木火土金水

 

 

とくに「氣」は、経絡(けいらく)という道を流れ、この「氣」の流れが東洋医学では大切とされています。

 

 

東洋医学には「未病」という概念があって、未だ病気ではないが元気がない状態を言い、要するに「氣の滞り」が原因なのです。

 

 

 

この本の後半では、相手の怒りを受け止めることとして、「傾聴」について解説していて、この「傾聴」は聴き手のマインドフルネスを高める、ということです。

 

 

 

この後、「マインドフルネス・ストーリー」として、実際にマインドフルネスを活用して怒りを鎮める事例を紹介、さらに巻末には「アンガーダイアリー」として、次の「5つの要因」を例として挙げています。

 

 

1.環境

 

2.体調

 

3.状況

 

4.一次感情が恐怖

 

5.一次感情が悲しみ

 

 

 

あなたも本書を読んで、「10秒でできるマインドフルネス」を学んで実践し、怒りにとらわれない自分を目指してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『怒りにとらわれないマインドフルネス』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP