『フリーエンジニアで成功するためにやるべき54のこと』

2020.03.26 (木)

「もはや、一つの会社で必死になって生き残る時代ではなくなっています。いつリストラされるかわからないし、大手であってもいつ倒産するかもしれない。」と述べて、「フリーエンジニアになって楽しい人生を送ろう!」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、1984年埼玉県生まれ浦和大学卒業後、IT企業に就職するも心療内科でうつ病と診断され休職・転職し、お笑い養成所に入学お笑い芸人としてライブ出演等を経験、その後芸人時代に培ったコミュニケーション能力を活用して転職を重ねるごとに年収をアップ、現在は独立してIT研修講師、経営者モーニングセミナー主宰、株式会社ラブサバイバー代表取締役斎藤和明さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

斎藤和明『フリーエンジニアで成功するためにやるべき54のこと』(秀和システム)

 

 

この本は、フリーエンジニアとして成功するために大切なことが、著者の経験をベースにしながら、54のポイントとして整理・解説されている書です。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.面接術

 

2.処世術

 

3.営業術

 

4.仕事術

 

5.勉強術

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「フリーエンジニアとして成功するのに、技術力は重要ではない」と指摘しています。

 

 

 

それでは何が大切なのか?それは「営業力」「コミュニケーション能力」「ビジネスマナー」だと著者は言います。

 

 

 

エンジニアの方は見落としやすいのですが、実はこうした「技術以外のこと」が、フリーで食べていくためには重要だということです。

 

 

 

そして、本書ではフリーエンジニアとして成功するために必要な「当たり前のこと」を厳選して取り上げています。目次にある5つのジャンルごとに整理されていますが、特に私が共感するポイントは以下の通りです。

 

 

◆ 笑顔で大きな声で、はっきり挨拶する

 

◆ 自己アピールすすより相手の話をよく聞く

 

◆ つねに笑顔でいられるようにトレーニング

 

◆ できるだけ社外の人と交流する

 

 

 

◆ 目標を立てて生き方を決める

 

◆ 良い仲間がいる場所へはお金を払ってでも行く

 

◆ 異業種のビジネスパートナーに目を向ける

 

◆ 開業届は会社員時代に出しておく

 

 

 

◆ 営業経験は独立前から積んでおく

 

◆ 同業種、異業種の二つの団体に入っておく

 

◆ オンリーワンを探してナンバーワンをとる

 

◆ 合理化が図れるツールは積極的に取り入れる

 

 

 

◆ 人と話すときは、身振り手振りを入れる

 

◆ 空き時間にやることを、あらかじめ決めておく

 

◆ 他の人に任せられる仕事は任せる

 

◆ ビジネス書を読む

 

◆ 毎日ブログを書く

 

 

 

これらポイントの中で、私が最も共感し、みずからも実践していることは以下の3

 

 

1.目標を立てて生き方を決める

 

2.ビジネス書を読む

 

3.毎日ブログを書く

 

 

 

因みに、著者の齋藤和明さんの目標は、次の通り紹介されています。

 

 

◆ 70代「世」・・・財団を設立する

 

◆ 60代「育」・・・後継者を育成する

 

◆ 50代「勝」・・・1回、大きな勝負をする

 

◆ 40代「核」・・・核となる事業を育てる

 

◆ 30代「伝」・・・伝説をつくる

 

 

 

おそらく、ソフトバンクグループの孫正義社長が20代の時に立てた「人生50ヵ年計画」をモデルにして立てたのかなあ、と推測しますが、素晴しい「志」だと感じます。

 

 

 

あるいは、アチーブメントの青木仁志社長が主宰する「頂点への道」から刺激を受けて、目標設定の大切さを身に沁みて感じているのかも知れません。(いずれも私の推測です!)

 

 

 

会社組織の中で、充分に力を発揮できずに悶々としているエンジニアの方には、ぜひお読みいただきたい良書として、この本を心から推薦します。

 

 

 

毎日1冊、ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『フリーエンジニアで成功するためにやるべき54のこと』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP