『永遠 ~ 君と僕の間に ~』

2020.01.03 (金)

「負けないで」「揺れる想い」で一世を風靡したZARD坂井泉水は、一般的には物静かで、ミステリアスな印象を持たれていましたが、今なお熱狂を巻き起こす名曲がいかにして生み出されてきたのか、その素顔を描いた本があります。

 

 

本日紹介するのは、坂井泉水を中心とする国民的な人気ユニットZARDの公式保存版である、こちらの書籍です。

 

 

ZARD『永遠 ~ 君と僕の間に』( ~幻冬舎)

 

 

この本は、ZARDを生み出し数々のアドバイスを送った長戸大幸プロデューサーの新証言をはじめ、共に作品づくりに明け暮れたスタッフを徹底取材して、ZARDおよび坂井泉水のデビュー以来の活動を網羅したディスコグラフィーバイオグラフィーも収録した公式の完全保存版の書です。

 

 

 

本書は以下の9部構成から成っています。

 

 

1.プロローグ

 

2.デビュー

 

3.ZARD以前

 

4.開花

 

5.充実

 

 

6.盛況

 

7.ライヴツアー

 

8.別れ

 

9.エピローグ

 

 

 

この本の冒頭は、ZARD坂井泉水の写真集になっていて、本文にもある通り、スタジオでしっかりプロのメイクをした写真ではなく、普段の坂井泉水のナチュラルな姿が撮られています。

 

 

 

この後には、ZARDが誕生するまでの経緯と、デビュー直後の坂井泉水のエピソードが、長戸プロデューサーの証言を中心に詳しく記されていて、とくに以下の事実は興味深く、印象に残ります。

 

 

◆ 自然な姿の坂井泉水の「ちょっとした表情やふるまいの中に見せる切なさ、はかなさ」を撮影するスタッフの工夫

 

◆ シンガーソングライター・松任谷由実と中島みゆきを意識して歌詞を全曲暗記

 

◆ 歌詞を書くために、文学(中原中也、石川啄木)を読み、映画を観て、言葉を貪欲にインプット

 

◆ 歌詞が生きるZARDのメロディー

 

 

 

◆ 作詞家と作曲家は会う必要がない

 

◆ 見て上手いドラマーではなく、聴いて上手いドラマーを使う

 

◆ ドラムがほんの少しだけ遅れ鳴り、そこに坂井の声が乗ることで、坂井が歌う言葉がリスナーの耳にきちんと届く

 

◆ ZARDの音楽の柱は「平成に生きる昭和の女」

 

 

 

続いて、坂井泉水の誕生からはじまる生い立ちが紹介され、ZARDで見せる表情とは全く違った一面が窺えて、興味深く読めます。子供時代の様子はとくに意外でした。

 

 

 

詳細はぜひ、この本を手に取って、確認してください。

 

 

 

さらに、ZARDの全盛期の舞台裏や、目指していたものが語られ、チームZARDの結束の固さやその背景がよくわかります。

 

 

 

逗子にあるZARDの聖地やニューヨークでのロケの様子や、26回ミックスしたり、18回アレンジした曲作りの裏側が詳しく記されています。

 

 

 

そのあと、ライヴツアーおよび「別れ」についても書かれていて、心打たれます。

 

 

 

本書の巻末には、バイオグラフィーディスコグラフィーが掲載されていて、公式記録にもなっています。

 

 

 

この本は、ZARDのすべてが一冊にまとめられている書で、まさにその活動の軌跡が「永遠」に後世に残るものとなるでしょう。

 

 

 

あなたも本書を読んで、ZARDの魅力と、その誕生に向けての思いや努力を実感してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『永遠 ~ 君と僕の間に ~』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP