コラム一覧

『お金のために働く必要がなくなったら何をしますか?』

2018.12.03 (月)

世界で初めてベーシックインカムを求める国民投票を実現させたアーティストのエノ・シュミットらによる「世界最大の問い」について、その経緯や考え方を詳しく解説している本があります。     本日紹介するのは … 続きを読む»

『臨終定年 人生後半の生き方』

2018.12.02 (日)

「人生100年の長期戦と、突然、臨終の事態になっても対応できるという、二面作戦の人生計画を展開していけると考えるようになった」と述べている本があります。     本日紹介するのは、1936年福岡県生ま … 続きを読む»

『AIが変える2025年の銀行業務』

2018.12.01 (土)

銀行業務の各プロセスにおける最近のAI導入事例について取り上げ、AIをキーワードとした銀行業の将来像を、他業態の取り組みから得られる示唆も念頭に、2025年をイメージして展望した本があります。     … 続きを読む»

『100万円で家を買い、週3日働く』

2018.11.30 (金)

「人の居る場所づくり」を模索する人々の活動事例集であり、「第四の消費」と呼べる人間関係、つながり、シェアおよびナチュラル志向のライフスタイルを送る人たちを取材した本があります。     本日紹介するの … 続きを読む»

『決定版 銀行デジタル革命』

2018.11.29 (木)

技術力とアイデアにモノをいわせたフィンテック企業が、決済、貸出など、銀行の牙城と言われてきた業務に進出してきていると警鐘を鳴らしている本があります。     本日紹介するのは、早稲田大学政治経済学部を … 続きを読む»

『神保町「ブックハウスカフェ」定年後3部作セミナー報告』

2018.11.28 (水)

一昨日、2018年11月26日(月)に、高伊茂さん、安藤信平さんをゲストにお迎えし、自らの体験をもとに、定年後の「新しい働き方」や出版した書籍の内容について語っていただくトークショーを開催しました。概要は以下の通りです。 … 続きを読む»

『官僚の掟 競争なき「特権階級」の実態』

2018.11.27 (火)

超難関試験を突破したひと握りの超エリートである霞が関の官僚の裏も表も知り尽くした著者の実体験にもとづく究極の「官僚論」と言える本があります。     本日紹介するのは、県立浦和高校から同志社大学神学部 … 続きを読む»

『僕は、だれの真似もしない』

2018.11.26 (月)

アップルの前CEOのスティーブ・ジョブズに日本を託され、揺さぶりの方法で i Pod mini をヒットさせてアップルを復活させた仕掛人が書いた初の著書があります。     本日紹介するのは、ソニー、 … 続きを読む»

『決定版 フィンテック金融革命の全貌』

2018.11.25 (日)

「フィンテック革命の幕は、もう開いている。これから、ますます新しい金融サービスが生まれてくるはずだ。その流れや機会を逃さないためにも、ここでフィンテックの基礎を押さえていただきたい。」と述べている本があります。 &nbs … 続きを読む»

『ハーバード・ビジネス・レビューEIシリーズ 幸福学』

2018.11.24 (土)

世界14カ国のエグゼクティブが愛読する『ハーバード・ビジネス・レビュー』で期待を集めているEI(Emotional Intelligence)シリーズが和訳されることとなり、最初のテーマとなった「Happiness(幸福 … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP