テーマ「高齢社会・世界経済・長期予測」の投稿一覧

『現代用語の基礎知識2020(新創刊)』

2019.11.14 (木)

70年余り続いてきた「現代用語」の解説書の定番『現代用語の基礎知識』が、新創刊という形で2020年版が刊行されました。     本日紹介するのは、佐藤優・金田一秀穂・森永卓郎・やくみつる・伊藤真ほかが … 続きを読む»

『年金「最終警告」』

2019.11.06 (水)

「経済学者が指摘し、厚生労働省が否定するすべての『不都合な真実』の解決にこそ、年金制度を再生させる秘密がある」として、年金制度改革のための「最終警告」を発している本があります。     本日は、197 … 続きを読む»

『成熟社会のビジネスシフト 10年後も会社が続くために』

2019.10.26 (土)

人口減少に伴う市場の縮小、驚くべきスピードで進む技術革新、多様化する消費者のニーズなど、これからの成熟社会を勝ち抜くビジネスの在り方を提言している本があります。     本日紹介するのは、東京理科大学 … 続きを読む»

『データでよみとく 外国人 ” 依存 ” ニッポン』

2019.10.25 (金)

「企業も自治体も、そして日本社会も外国人なしでは成り立たなくなっている。」と述べている本があります。     本日紹介するのは、特設サイト「外国人 ” 依存 ” ニッポン」を開設し、様々な特集記事やコ … 続きを読む»

『AI以後-変貌するテクノロジーの危機と希望』

2019.10.21 (月)

「AI時代のリアルを気負うことなく、しかし着実にイメージし続けることが大事であり、そうした向き合い方を保ち続けられてこそ、真の意味で新たな技術に可能性を見出し、時代の社会の変化、そしてその中にあっての自らの生き方まで射程 … 続きを読む»

『日本を売る本当に悪いやつら』

2019.10.20 (日)

「最後のフィクサー」だからこそ知る政官財の昭和・平成裏面史を描いた本があります。     本日紹介するのは、高校教師、経済誌編集者を経て現在は評論家の佐高信さんと、空調設備工事会社ナミレイ会長などを歴 … 続きを読む»

『米中ハイテク覇権のゆくえ』

2019.10.17 (木)

アメリカと中国の二大国が、なぜほれほど激しい「貿易戦争」を繰り広げるのか、それを紐解くハイテク覇権について解説した本があります。     本日紹介するのは、米中攻防の真実に迫る取材で大反響を呼んだNH … 続きを読む»

『人口減少社会のデザイン』

2019.10.16 (水)

「2050年、日本は持続可能か?」という問題を設定し、AIを活用して行った日本社会の未来に関するシミュレーションと、「人口減少社会のデザイン」の概要を紹介し、そこから浮かび上がってくる今後の課題や展望を論じている本があり … 続きを読む»

『この国のたたみ方』

2019.10.15 (火)

「人口減少で『入れるもの』が少なくなっていくのに、『入れる器』が人口増時代のままというのは常識的に考えておかしい。」と述べて、明治半ばの創設後130年間、殆ど変わらずに生き残ってきた47都道府県の再編と、それに代わる新た … 続きを読む»

『国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか』

2019.10.10 (木)

「これからの日本」の方向性を明確にし、政策、制度、そして物事の考え方など、国家の全体像(=グランドデザイン)を皆さんと一緒に考えていきたい、と提唱している本があります。     本日紹介するのは、19 … 続きを読む»

1 2 3 4 5 6 31

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP