テーマ「高齢社会・世界経済・長期予測」の投稿一覧

『「老後不安不況」を吹き飛ばせ!』

2017.03.24 (金)

日本の「失われた25年」の正体と具体的処方箋がズバリ書かれている書があります。     本日紹介するのは、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社長を経て、ビジネス・ブレークスルー(BBM)代表の大前 … 続きを読む»

『新シニア市場攻略のカギはモラトリアムおじさんだ!』

2017.03.22 (水)

「現代シニアの変化をとらえろ、アクティブシニアはもう古い!」と提唱している本があります。     本日紹介するのは、生活者に関する研究を続け、シニアマーケティングの新論を展開しているビデオリサーチひと … 続きを読む»

『弘兼流 60歳からの手ぶら人生』

2017.03.21 (火)

「持ち物を半分にしよう運動」を提唱し、60歳からの身辺整理を呼び掛けている本があります。     本日紹介するのは、松下電器産業(現パナソニック)勤務の後、漫画家として独立して各種の漫画賞を受賞してい … 続きを読む»

『シェアリングエコノミー』

2017.03.19 (日)

「シェアリングエコノミーが社会、ビジネス、雇用のすべてを変える」と指摘している本があります。     本日紹介するのは、ニューヨーク大学スターン・スクール教授で、シェアリングエコノミーの第一人者である … 続きを読む»

『第4次産業革命!日本経済をこう変える。』

2017.03.11 (土)

「革命的な時代がやってきたという “ 時代認識 ” を持ち、大胆に行動しよう!」と呼び掛けている本があります。     本日紹介するのは、日本開発銀行、慶應義塾大学教授などを経て、小泉内閣において、経 … 続きを読む»

『2050年衝撃の未来予想』

2017.02.23 (木)

社会構造、政治、経済、戦争、ビジネスほか、気になるテーマを世界・日本両面から徹底的に紐解いた「衝撃の未来予測」を行った本があります。     本日紹介するのは、認知科学者、計算機科学者の苫米地英人さん … 続きを読む»

『知的な老い方』

2017.02.22 (水)

93歳で現役、「知の巨人」と呼ばれる執筆家が「50代から楽しく生きる方法」を書いた本があります。     本日紹介するのは、212万部突破のベストセラー『思考の整理学』(ちくま文庫)の著者で、お茶の水 … 続きを読む»

『分断社会を終わらせる』

2017.02.19 (日)

「他人に対して冷淡で不機嫌な社会、それが今の日本だ。」と警鐘を鳴らしている本があります。     本日紹介したいのは、経済学博士で、慶應義塾大学教授の井手英策さん外が書いた、こちらの書籍です。 &nb … 続きを読む»

『アンチエイジング・バトル最終決着』

2017.02.02 (木)

アンチエイジングにまつわる30の疑問を「バトル形式」で紹介している本があります。 本日紹介するのは、日本抗加齢医学会理事長の坪田一男教授が書いた、こちらの書籍です。     坪田一男『アンチエイジング … 続きを読む»

『日本で老いて死ぬということ』

2017.01.27 (金)

「団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年、病院でも家でも死ねなくなる。」と指摘している本があります。     本日紹介したいのは、朝日新聞「迫る2025ショック取材班」が編集した、こちらの書籍で … 続きを読む»

1 2 3 4 5 6 15

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP