テーマ「自分が主役の人生・働き方」の投稿一覧

『労働2.0 やりたいことして、食べていく』

2020.02.02 (日)

「一つの職種、一つの会社、一つの場に『雇われる』だけでなく、『雇う』視点も取り入れ、随時変化と進化をしながら『やりたいこと』を実現させて、食べていくこと」を提唱し、そんな新時代の働き方を「労働2.0」と名付けている本があ … 続きを読む»

『50歳からの人生ゆるゆる計画』

2020.01.29 (水)

「これまでは、自分が思ったような生き方ではなかった」「もっとラクで、楽しい人生を思い描いていた」と感じた人は、ぜひ、50歳というタイミングで人生の仕切り直しをするべきだ、と提唱している本があります。   &nb … 続きを読む»

『50歳から準備する定年後の生き方』

2020.01.26 (日)

「100歳の折り返し地点となる50歳を迎えたら、何に生きがいを感じ、何に心躍るのか、自分を駆り立てる道を探しましょう。50歳が新たな道を成功させる実現可能地点です。」と提唱している本があります。   &nbsp … 続きを読む»

『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』

2020.01.23 (木)

金融に人生を捧げてきた異色のファンドマネージャーが、これからの時代を生きる人に知ってほしい「お金」と「働く」、そして「幸せの本質」について書いた本があります。     本日紹介するのは、1968年生ま … 続きを読む»

『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー2019年11月号 従業員エンゲージメント』

2020.01.10 (金)

「人材の流動性がますます高まり、争奪戦が激化する時代にあって、競争優位の源泉である人材、すなわち従業員との関係をいかに維持すればよいのだろうか」と問いかけ、従業員エンゲージメントへの取り組みについての特集を掲載している月 … 続きを読む»

『「家族の幸せ」の経済学 データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実』

2020.01.08 (水)

データ分析でわかった結婚、出産、子育ての真実から経済学のアプローチで、「家族の幸せ」について考察した本があります。     本日紹介するのは、慶應義塾大学商学部を卒業、同大学大学院商学研究科修士課程修 … 続きを読む»

『悔しかったら、歳を取れ!- わが反骨人生』

2019.12.25 (水)

傘寿を過ぎてやっと、「24時間人生を謳歌する仕事バカ」の楽しさを味わえるようになったと言ってもいい晩成の人間が記した、自分では気づかないうちに強い「個性」や「感性」を身につけ、自らの生き様と考え方をありのままに綴った本が … 続きを読む»

『幸せになる技術~人生で一番大切なのに誰も教えてくれない』

2019.12.18 (水)

「目指すべきは、成功でもお金持ちでもない。幸せなになることである。」「幸せになるには『技術』がいるのだ。」と述べている本があります。     本日紹介するのは、1966年兵庫県生まれ、早稲田大学商学部 … 続きを読む»

『こどもホスピス 限りある小さな命が輝く場所』

2019.12.16 (月)

「病気や障がいと闘う子どもと家族を社会全体で支えていきたい。医療や介護、福祉、教育制度のいずれにも含まれずに、適切な支援を受けられないでいる子供たちのことを知ってほしい」という想いで書かれた本があります。   … 続きを読む»

『50歳からのむなしさの心理学』

2019.11.21 (木)

「自分の人生、これでよかったんだろうか?」そう思うと、さまざまな思いが込み上げてくる。「もっと違う人生もあっただろうに」などと、思い通りにならなかった人生を後悔したり、無念の気持が込み上げてきたりする。人生も半ばを過ぎる … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP