テーマ「勉強法」の投稿一覧

竹田恒泰『日本人が一生使える勉強法』(PHP新書)

2014.09.02 (火)

竹田恒泰氏は、旧皇族竹田家に生まれ、慶應義塾大学法学部を卒業し、作家として活躍する。専門は憲法学・史学だ。   本書は、世の中に溢れる成功哲学を読んでも腑に落ちない人々に向けて書かれた本だ。ナポレオン・ヒルの『 … 続きを読む»

米山公啓『メモする人は脳がどんどん若返る』(中経の文庫)

2014.09.01 (月)

米山公啓氏は、聖マリアンナ医科大学第二内科助教授を退職して、診療を続けながら医療エッセイ、医学実用書、医学ミステリーなど幅広く著作活動や講演を行う作家 兼 医学博士だ。   本書は、手帳やノートに手を使ってメモ … 続きを読む»

三谷宏治 『超図解 全思考法カタログ』 (ディスカヴァー21)

2014.07.21 (月)

三谷宏治氏は、東京大学理学部物理学科を卒業後、複数の外資系コンサルティング会社で勤務した経営コンサルタントだ。28歳の頃から社会人教育にも携わり始め、32歳でグロービス経営大学院にて「経営戦略」の講師を務める。 &nbs … 続きを読む»

佐々木裕子『21世紀を生き抜く3+1の力』(ディスカヴァー21)

2014.05.31 (土)

佐々木裕子さんは、東京大学法学部を卒業後、日本銀行を経てマッキンゼー&カンパニーに入社し、シカゴオフィス勤務の後、同社アソシエイト・パートナーになりました。     マッキンゼー退職後は、株式会社チェ … 続きを読む»

田坂広志『知性を磨くー「スーパージェネラリスト」の時代』(光文社新書)

2014.05.30 (金)

田坂広志氏は、著書を出すたびにビジネス書ランキングで上位に入る人気コンサルタントだ。米国バテル記念研究所で客員研究員を務めた後、日本総研の設立に参画、取締役となった。   2000年より多摩大学大学院教授に就任 … 続きを読む»

池上彰『おとなの教養』(NHK出版新書)

2014.04.28 (月)

池上彰氏は、元NHK記者で週刊こどもニュースのお父さん役で活躍し、茶の間の人気者となったキャスター。   その後フリーとなって、民放のバラエティ番組でお笑いタレントなどにニュースの解説をすることで人気を博してい … 続きを読む»

細野真宏『数学嫌いでも「数学的思考力」が身に付く本!』(小学館)

2014.03.25 (火)

細野真宏氏は、細野経済シリーズ本がベストセラーとなったことで有名になった数学が専門の元予備校講師だ。   『経済のニュースがよくわかる本 日本経済編』 (小学館) は、この種の本では異例のミリオンセラーとなった … 続きを読む»

神田昌典『2022年ーこれから10年、活躍できる人の条件』(PHP新書)

2014.03.21 (金)

神田昌典氏は、上智大学外国語学部に在学中に外交官試験に合格して外務省経済局に勤務となる。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクールにてMBA(経営学修士)を取得した。   その後、米国家電 … 続きを読む»

加藤俊徳『アタマがみるみるシャープになる!! 脳の強化書』(あさ出版)

2014.02.21 (金)

昨日に引き続き、加藤俊徳氏の脳科学に関する書籍を採り上げたい。本書は、脳をトレーニングによって強化するための具体的な方法が書いてあって分かりやすい。   著者は脳番地という考え方を提唱しており、8つの脳番地グル … 続きを読む»

加藤俊徳『100歳まで成長する脳の鍛え方』(主婦の友社)

2014.02.20 (木)

加藤俊徳氏は、脳の画像診断では世界屈指の鑑定技術を持つ医学博士だ。脳の活動を画像化する脳科学の専門家であり、胎児から高齢者まで計1万人の脳のMRI画像診断を行った実績がある。   米国ミネソタ大学で、アルツハイ … 続きを読む»

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP