『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』

2019.10.02 (水)

年収240万円の地方ホームセンター勤務から、4度の転職と副業を駆使して年収5000万円を稼ぐようになった「次世代型サラリーマン」が書いたネットで大人気のキャリア論の本があります。

 

 

本日紹介するのは、1987年長野県生まれ。地元の短大を卒業後、地方のホームセンターに入社し、リクルートや楽天など、4度の転職を経て、本業年収1000万円、副業年収4000万円を稼ぐサラリーマンとなった moto さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

moto『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』(扶桑社)

 

 

この本は、「転職」と「副業」をかけ合わせて、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップ、さらには生涯年収を最大化する、これからのサラリーマンの生き方について解説している書です。

 

 

 

本書は以下の6部構成からなっています。

 

 

1.「個人で稼ぐ」サラリーマンが本当の安定を手に入れる時代

 

2.年収240万円の地方ホームセンターを選んだ理由

 

3.地方ホームセンターやリクルートで学んだ「成果」に繋がる働き方

 

4.4度の転職で年収を上げ続けた「転職術」

 

5.本業を活かして稼ぐ「サラリーマンの副業」

 

 

 

この本の冒頭で著者は、終身雇用が当たり前でなくなった今、「サラリーマンの安定の定義が変わった。」と著者は述べています。

 

 

 

「生き残る力を自分自身でつけていく必要がある」と著者は言います。それはつまり、「自分はいつだって転職できる」「どんな環境でも、自分でお金を稼げる」「給料以外に収入がある」という状態を実現していくことが、「本当の安定」に繋がる、ということです。

 

 

 

続いて本書では、著者が年収240万円の地方のホームセンターに入社した理由や、生産性を上げ、市場価値(=生産性)を高める5つのポイントを以下の通り、説明しています。

 

 

1.論理的な思考ができるこ力

 

2.構造的に物事を捉える力

 

3.物事を俯瞰したうえで、課題を特定する力

 

4.課題に対して仮説を立て、誰にでもわかりやすく話せる力

 

5.①~④を用いて組織をマネジメントする力

 

 

 

そして、自分の仕事を「わかりやすく」伝えられる能力が大切で、そのためには「全体像」を把握することだ、と著者は説明しています。

 

 

 

つまり、業界の状況→会社の課題→部署の役割→自分のミッションの順で整理することが求められるのです。

 

 

 

さらに、年収の高い業界や職種に軸をずらす「軸ずらし転職術」を、著者の実戦経験をもとに紹介しています。

 

 

 

また転職の面接時のノウハウとして、以下の留意事項具体的なアドバイスとして提示しています。

 

 

◆ 転職した先の出口を考える

 

◆ キャリアの地図を持っておく

 

◆ 2年から3年後の自分を考えて、市場価値の高いポジションを目指す

 

◆「年齢と年収」を考える

 

 

 

実際の面接でのコツとして、次の3つのポイントを挙げています。

 

 

1.「何ができる人なのか」を伝える

 

2.「再現力」の高さを証明する

 

3.情報の見方と発信の仕方を考える

 

 

 

本書の後半では、本業の価値を上げる副業のメリットとして、以下の3つを紹介しています。

 

 

◆ 自分を売り出す「個のブランド化」

 

◆ 収入チャネルの増加による経済基盤の確保

 

◆ 本業における「市場価値向上」への寄与

 

 

 

続いて、Twitter をはじめとするSNSを活用した副業や、転職と副業のかけ算により、生涯年収を最大化する著者の戦略が説明されていて、参考になります。

 

 

 

あなたも本書を読んで、転職 × 副業で「10年で年収20倍超」にした「次世代サラリーマン」のモデルケースを学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP