『究極の人間関係改善術 職場の「苦手な人」を最強の味方に変える方法』

2019.06.02 (日)

「組織の中で仕事をしている多くのビジネスパーソンを悩ませるのが、職場の人間関係の問題です。」と述べた上で、「職場の人間関係の悩みが消えて、さらに苦手だった相手と一緒に仕事で成果を出す」ところまでを目的に書かれた本があります。

 

 

本日紹介するのは、日本オラクル株式会社サポート・サービス部門に23年間勤務し、延べ1,500名のエンジニアの育成に携わったのちに独立し、現在は産業カウンセラーキャリアカウンセラー(CDA)行動習慣ナビゲーターで、カスタマーズ・ファースト株式会社代表取締役片桐あいさんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

片桐あい『究極の人間関係改善術 職場の「苦手な人」を最強の味方に変える方法』(PHP研究所)

 

 

この本は、人間の性格のタイプ分けにより相手を分析する「エニアグラム」という性格類型の理論を活用し、以下の9つのタイプ分類ごとに、各タイプのネガティブな面を明らかにして、その対処法を伝えてくれます。

 

 

1.自己流完璧主義(正義の人)

 

2.おせっかい・干渉(貢献の人)

 

3.自慢・手柄横取り(成果の人)

 

4.個性的すぎる・嫉妬(個性の人)

 

5.分析・評論(分析に人)

 

 

6.石橋をたたいて渡らない・風見鶏(信頼の人)

 

7.あきっぽい・言い訳(楽観の人)

 

8.勝ち負けにこだわる・力ずく(力の人)

 

9.はっきりしない・ぐずぐず(平和の人)

 

 

 

本書は以下の4部構成から成っています。

 

 

1.「苦手の人」との関係を、いますぐ改善する5つの「ワーク」

 

2.9つの性格タイプ分析で見つける「苦手な人」の傾向と対策

 

3.自分のタイプを知れば人間関係は楽になる

 

4.各タイプの「強み」を学んで自己成長する

 

 

 

この本の冒頭で著者は、人間関係を改善するには、「感情や関係性」をいったん脇に置く、と説明しています。

 

 

 

そして、目の前の人間関係の問題を解決する5つの「ワーク」を以下の通り紹介しています。

 

 

◆ 自分の中の「理想」をコントロールする

 

◆ ネガティブ思考をやめて「理想のイメージ」に書き換える

 

◆ 「人間関係マップ」を作成し、冷静さを取り戻す

 

◆ 関係改善後に「得られるもの」を可視化する

 

◆ 相手をコントロールしたくなる気持ちを抑える

 

 

 

最後のワークはとくに重要だと私も実感していて、要するに「他人と過去は変えられない」ということです。したがって、つねに「自分」と「未来」にフォーカスするように私は心がけています。

 

 

つまり、「自分と未来は変えられる」のです。

 

 

 

次に本書では、9つの性格タイプ分析により、「苦手の人」の傾向と対策を整理して提示しています。

 

 

9つのタイプごとに、傾向・分析・対策の順に、イラスト具体的なビジネスシーンを挙げながら解説していますので、興味ある方はぜひ、この本を手に取ってお読みください。

 

 

 

この本の終盤では、タイプ別に「強み」に注目して、成長の方向性について記しています。

 

 

 

また巻末には、資料として「タイプ別 部下の指導法と上司への接し方」が付けられていて参考になります。

 

 

 

この本は「エニアグラム」を活用して、「人は生まれながら9つの性格タイプ」があることを実践的に解説し、コミュニケーションスキルが万能ではないことを示しています。

 

 

 

あなたも本書を読んで、職場の「苦手な人」を最強の味方に変えられるよう、コミュニケーションや人間関係を改善してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

 

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『究極の人間関係改善術 職場の「苦手な人」を最強の味方に変える方法』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP