『ラグビー元日本代表ヘッドコーチとゴールド・マンサックス社長が教える 勝つための準備』

2019.11.08 (金)

「勝利への道のりは、とても長いものです。その間、ずっと勝つことを意識しなければなりません。勝利はそれを得ようと強く意識しなければ、決して得られないものなのです。」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、ラグビー元日本代表ヘッドコーチエディー・ジョーンズさんとゴールド・マンサックス社長持田昌典さんの共著となる、こちらの書籍です。

 

 

エディー・ジョーンズ・持田昌典『ラグビー元日本代表ヘッドコーチとゴールド・マンサックス社長が教える 勝つための準備』(講談社)

 

 

この本は、ラグビー国際金融という厳しい競争環境の中で、「勝利」という結果を出してきたリーダーふたりが、それぞれの「勝負の哲学」とも言うべき「勝つための準備」について、考え方を公開している書です。

 

 

 

本書は以下の6部構成からなっています。

 

 

1.はじめに-勝利は強く意識しなければ、決して得られない

 

2.人は仕事で成長する

 

3.変化なきところに進歩はない

 

4.勝利の条件

 

5.人間力の磨き方

 

6.最後の詰めで勝敗は決まる

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「スキルとテクニックは何が違うか」と問いかけています。スキルはテクニックと違って、知性と感性が問われるクリエイティブな行動だ、と著者のエディは述べています。

 

 

常に考えること、頭を使って状況判断をすることを習慣にするのが、スキルです。

 

 

 

そのほか、エディと持田が交互に「勝つための準備」について持論を展開していますが、そのポイントは以下の通りです。

 

 

◆ 自信をつけるためには努力しかない

 

◆ 人間の可能性には限界などない

 

◆ 大きなチャンスは大きなリスクの中にある

 

◆ 夢よりも、貫徹する意志が必要

 

 

 

◆ 自分を変えるとは、何かを手放すこと

 

◆ 自信は確実に相手に伝わる

 

◆ 粘り強さは意志の強さで育まれる

 

◆ 合理性を追求しなければ、勝利はない

 

 

 

◆「好かれること」と「信頼」はまったく別のもの

 

◆ 極限まで行わないと経験にならない

 

◆ 人を見る目を養うには経験しかない

 

◆ 変化を好むように、自分を変える

 

 

 

◆ ピンチは視点を変えれば、チャンスにもなる

 

◆ 非常時こそ、人間の真価が問われる

 

◆ すべてを知り尽くしたと思う時が、一番危ない

 

◆ 真剣勝負という意識を、チーム内で徹底させる

 

 

 

あなたも本書を読んで、最強のリーダー二人が実践する「勝つためのシンプルな習慣」を学んでみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『ラグビー元日本代表ヘッドコーチとゴールド・マンサックス社長が教える 勝つための準備』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP