『僕の仕事はYouTube』

2020.03.04 (水)

「YouTubeには、誰にでも無限の可能性があり、チャンスの扉が大きく開かれています。」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、1989年生まれ、新潟県出身で、高校卒業後に上京してスーパーの食品部門に就職、2010年6月にアップロードした動画『Super Mario Beatbox』YouTubeにおける日本国内月間アクセス1位を記録し、独学でYouTube動画を研究して、2012年に独立してYouTube一本で生活するYouTubeクリエイターになり、「日本一のYouTuber」と言われているHIKAKINさんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

HIKAKIN『僕の仕事はYouTube』(主婦と生活社)

 

 

この本は、ハードなバイトをしながら地道に活動を続けるアーティストやクリエイターなにかをしたいけど、なにをしていいのかわからず、もがいている人たちへのヒントになるように、「HIKAKIN流 YouTube成功法」全部、教えるために書かれたものです。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.YouTubeとの出会い

 

2.日本一のYouTuberになるまで

 

3.初期投資「0円」はウソじゃない

 

4.経験から得たアクセスUPの秘訣公開

 

5.1つの成功の陰に100の落とし穴が待っている

 

6.HIKAKIN誕生秘話

 

7.未来に向けてHIKAKIN進化中

 

 

 

この本の冒頭で著者は、以下の「2つの衝撃」を紹介しています。

 

 

◆ AFRAさんのビートボックス・パフォーマンス

 

◆ アメリカの超人気YouTubeパートナーのミッシェル・ファンさんのスピーチ

 

 

 

この2つの衝撃をきっかけに、著者のHIKAKINさんは、YouTubeパートナーを「仕事」にしよう試行錯誤を始めたそうです。

 

 

 

この本は、プロのYouTubeクリエイターとして活動する原点が分かり、基本的なビジネスに対する考え方新しい21世紀流の生き方が学べるものでお薦めです。

 

 

 

詳細についてはぜひ、本書を手に取ってお読みください。

 

 

 

私なりに著者のHIKAKINさんから受け取った重要なメッセージは以下の通りです。

 

 

自分の好きなことにとことん打ち込んでみる

 

◆「挫折」が、自分をひとまわり大きくしてくれた

 

◆ 初期投資「0円」はウソじゃない、君もYouTuberになれる!

 

◆ YouTubeは内容が大事、決まった曜日・時間に公開する

 

 

 

◆ 動画作成では、著作権などトラブルのリスクに注意

 

◆ テーマは、大好きなこと、続けれれること

 

◆「身近」で「楽しい」「ほっとする」ものを人は見たい

 

◆ ブレないことが、長く人気を持続させる

 

 

 

あなたも本書を読んで、日本一のYouTuberが明かす「成功秘話&必勝法則」を学び、ビジネスとしてYouTubeを考えてみませんか。

 

 

 

2020年3月26日に、YouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』【第45回】日本一のユーチーバーHIKAKINの真髄!、にて紹介しています。

 

 

 

 

 

毎日1冊、ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『僕の仕事はYouTube』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP