鳥居祐一 『ソーシャル有名人になるためのパーソナル・ブランディング術』 (ゴマブックス)

2014.08.07 (木)

鳥居祐一氏は、個人の独立支援と自己実現を達成するためのアドバイスを目的としてメンタープログラムを主宰している。

 

本書は、個人の独立起業に最も大切な「パーソナル・ブランディング」について、鳥居氏自身の経験や戦略を紹介しながら、分かりやすく実践的に述べた書で、kindle 版として出版された。

 

鳥居氏は、少々のころ米国で生活して英語が堪能だった利点を生かし、翻訳本に取り組んで、それをブランディングに活用した。とくにUSP(Unique Selling Proposition )という、自分だけの「強み」や 差別化できる「お客様との約束」を意識して形成している。

鳥居氏は、パーソナルブランドを高める方法として、以下の5つを挙げている。

 

1.圧倒的な実績 (キャリア)
2.ソーシャルメディアの活用
3.メディアの紹介・取材
4.著名人からの推薦
5.本を出して、ベストセラーにする

 

とくに、スキマ分野でもよいので、ナンバー1という実績を示すことが差別化として有効だ。紹介や取材などでは、誰と一緒に掲載、紹介されるのかが重要で、レベルの高い人に引っ張られるとブレイクする。

 

伝説を作るためのストーリーや、シンプルな文章であることも大切だ。また、フェイスブックでの集客法も著者のセミナー集客の事例をレイに挙げて詳しく述べてあり興味深い。

 

鳥居氏は、ツイッターは殆ど活用せず、フェイスブックを使って発信しているが、メルマガには特に力を入れてメッセージを送っている。1回のメルマガに1時間以上、魂を込めて書いているという。

 

ソーシャルメディアを使って、自分のブランディングと情報発信を行いたい全ての起業を目指す個人の方々に本書をぜひとも推薦したい。

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 鳥居祐一 『ソーシャル有名人になるためのパーソナル・ブランディング術』 (ゴマブックス)

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP