『改訂 YouTube成功の実践法則60 』

2020.02.14 (金)

映画クリエイターYouTuberが教えなかったビジネスに活用する「動画作成テクニック」と「実践ノウハウ」60の成功法則に整理して公開している本があります。

 

 

本日紹介するのは、インプリメント株式会社取締役社長(COO)、クリテイティブ・ディレクターで、日本ペンクラブ会員木村博文さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

木村博文『改訂 YouTube成功の実践法則60』(ソーテック社)

 

 

この本は、簡単にマネができるプロの動画制作テクニックと、ビジネスユースからYouTuberまで必須の戦略「YouTubeチャンネル」活用戦略として完全公開している書です。

 

 

 

本書は以下の4部構成から成っています。

 

 

1.YouTube成功の秘訣は3つの「ツ」

 

2.伝わる動画のつくり方

 

3.YouTubeに動画をアップする

 

4.YouTubeを徹底活用する

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「ツクル・ツタワル・ツナガル」がうまく絡み合うことがYouTubeを活用するための基本だ、と述べています。

 

 

 

つまり、上記の構成の中で、最初のChapter1にて、「ツクル」「ツタワル」「ツナガル」の3つの「ツ」という総論を説明し、Chapter2からChapter4までは、それぞれ「ツクル」(=動画を制作)「ツタワル」(=YouTube動画をアップし、各種設定)「ツナガル」(=YouTubeを徹底活用)という順番にテクニックやノウハウを公開・説明しています。

 

 

 

上記のポイントを60の成功法則として整理して解説していますが、全体としての主なポイントは以下の通りです。

 

 

◆ 動画の「クオリティ」を大切にする

 

◆「時間」と「キーワード数」が見られる動画かどうかの基本

 

◆ 行動を指示する導線を動画に組み込む

 

◆ YouTubeチャンネルがブランディングのキーになる

 

 

 

続いて、「伝わる動画制作」のポイントとして、私が共感するのは以下の点です。

 

 

◆ 動画の編集は難しくない

 

◆ 人を引きつける「ネタ」と「台本(ストーリー)」を

 

◆ 照明でイメージを操作する

 

◆ ハウツー動画の撮り方をマスターする(音、テロップなど)

 

◆ 自分に合った動画編集ソフトを選ぶ

 

 

 

本書の後半では、YouTubeに動画をアップする手順が説明されていて、次のポイントが参考になります。

 

 

◆ YouTubeガイド「クリエイターアカデミー」を活用する

 

◆ YouTubeチャンネルを理解して正しく設定する

 

◆ YouTubeチャンネルをカスタマイズする

 

◆ YouTube から認められるYouTubeチャンネルにする

 

 

 

◆ ブランディング設定をする

 

◆ 動画の「タイトル」「説明欄」「タグ」「サムネイル」は重要

 

◆ YouTubeの編集機能を使う

 

◆ YouTubeのカードと終了画面機能を使う

 

 

 

この本の最後には、YouTubeの徹底活用として、以下のポイントが主として挙げられています。

 

 

◆ YouTubeアナリティクスで状況を把握する

 

◆ SNSとの連携、Webサイトとの連携

 

◆ ダイジェスト動画で導線をつくる

 

◆ YouTubeチャンネルに誘導する

 

◆ 自分に合った運用を考える

 

 

 

本書で紹介されている成功法則60は、すべて大切なポイントで、実践することにより、YouTubeでビジネスを大きく伸ばすことができるでしょう。

 

 

 

あなたも本書を読んで、YouTubeチャンネルを立ち上げ、ビジネスを加速してみませんか。

 

 

 

毎日1冊、ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『改訂 YouTube成功の実践法則60 』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP