『ソニー歴代トップのスピーチライターが教える 人を動かすスピーチのスピーチの法則』

2019.06.27 (木)

「理想のスピーチは、聴き手が思わずついていきたくなるスピーチです。『論理的で、心に響き、信頼でき、想いが伝わる』と聴き手が感じるものです。」と述べている本があります。

 

 

本日紹介するのは、ソニー歴代トップのスピーチライターを務め、経営コンサルタントとして独立し、延べ1万人以上のビジネスリーダーを指導してきた、株式会社ロジック アンド エモーション代表取締役で、CEOスピーチコンサルタントエグゼクティブコーチ佐々木繁範さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

佐々木繁範『ソニー歴代トップのスピーチライターが教える 人を動かすスピーチのスピーチの法則』(日経BP社)

 

 

この本は、「日経トップリーダー」プラチナ会員の月刊会報誌、「マンスリー」巻頭コラムとして、2012年4月から2017年9月までの間に掲載した記事を、大幅に加筆修正してできた書です。

 

 

 

本書は「スピーチ上達の12ヵ条」および序章として、以下の13部構成から成っています。

 

 

1.人を動かすスピーチの秘訣

 

2.メッセージを明確にする

 

3.主張には理由を添える

 

4.構造をシンプルにする

 

5.ストーリーを織り込む

 

 

6.心情と情景をありありと語る

 

7.自己開示する

 

8.相手に共感する

 

9.相手のために尽くす

 

 

10.本心を語る

 

11.言ったことは実行する

 

12.身体のメッセージを意識する

 

13.心をポジティブな感情で満たす

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「スピーチ上達の12ヵ条」の主な項目は、「論理」「感情」「信頼」という大きな3つの項目でくくることができる、と述べています。

 

 

これは、古代ギリシャ時代から、スピーチの説得力の源泉と言われてきた3つの要素です。すなわち、「ロゴス」「パトス」「エートス」で、それぞれ「論理」「感情」「信頼」を意味します。

 

 

 

「ロゴス」は、論理を意味していて、物事を分かりやすく、筋道を立てて話すこと。

 

 

 

「パトス」は、感情ですが、情動はしばしば理性を凌駕します。聴衆の感情に訴え、心を揺さぶるのです。

 

 

 

「エートス」は人格を意味します。聴き手は、話をどこまで信じていいか話し手の品格から判断するのです。

 

 

とくに「エートス」を強調したいと著者は述べていて、話す内容についての深い知識と経験があること、誠実な信頼される人柄を持つことが大切なのです。

 

 

 

次にもう一つ、説得力の3要素とは違った切り口から、オープンで協力的な「場」をつくることの大切さを、この本では説明しています。

 

 

 

著者が意識している「場」をつくるための「3つのキーワード」は以下の通り。

 

 

◆ 共感

 

◆ 非言語

 

◆ 自己開示

 

 

 

心をオープンにしてもらうこと、身体でメッセージを伝えること、そして自分自身の気持ちや経験を心をオープンにして相手に伝えることが、「場」をつくることになるそうです。

 

 

 

その他にも本書では、人を動かすスピーチのポイントが数多く示されています。私がとくに共感したポイントを以下に挙げておきます。

 

 

◆ 伝えたいことをたった1つに絞り込み、明確にする

 

◆ 動機と目的、2つの「なぜ」をスピーチに盛り込む

 

◆ オープニング、ボディー、クロージングの3部構成で

 

◆ スピーチの終わりに、1番伝えたいことを徴収の記憶に残す

 

◆ 問題点を挙げ、解決策を示すと人は動く

 

 

◆ 「覚悟」「情熱」「信念」が人を動かす

 

◆ 心に残るストーリーは、思わず人に話したくなる

 

◆ リアルな映像が浮かぶくらいに、ビジョンを表現する

 

◆ 失敗談は、聴き手に挑戦する勇気を与える

 

◆ 「こんな未来を実現したい!」という熱い想いが人を動かす

 

 

◆ 困難や壁を、いかに乗り越えたかに価値がある

 

◆「場の要請」と「聴衆の期待」を理解する

 

◆ 心はしばしば、思考を打ち負かす

 

◆ 心を奮い立たせるペップトーク(①状況を受け入れ、②ポジティブにとらえ、③してほしいことを伝え、④背中を押す)

 

◆ 相手の価値観を知る

 

 

◆ 大切なのは、本音を語ること

 

◆ 気持ちは必ず、声や身体に現れる

 

◆ 伝わった想いには、応えたくなる

 

◆ 聴き手を3分割し、均等に視線を注ぐ

 

◆ スピーチは事前に考え抜くことが大事

 

 

 

あなたも本書を読んで、「人を動かすスピーチの法則」を学び、実践してみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

 

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『ソニー歴代トップのスピーチライターが教える 人を動かすスピーチのスピーチの法則』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP