『2000万円不足時代の年金を増やす術50』

2020.01.14 (火)

年金対策に「早すぎ」も「遅すぎ」もありません、あらゆる世代、あらゆる職業の人にピッタリな対策があります、と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、お金と税金とライフプランに関する専門資格を多数保有し、年金関係だけではなく幅広い専門知識を背景とした多角的なアドバイスを得意とする税理士、社会保険労務士、1級ファイナンシャルプ・ランニング技能士、DCアドバイザーで、日本福祉大学非常勤講師佐藤正明さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

佐藤正明『2000万円不足時代の年金を増やす術50』(ダイヤモンド社)

 

 

この本は、年金の確保&増額術を50紹介し、それらのテクニックを駆使して受給漏れを防ぎ、また私的年金(上乗せ年金)を活用して、賢く無理なく、もらえる年金を増やしていくために書かれた書です。

 

 

 

本書は以下の6部構成から成っています。

 

 

1.公的年金で絶対に損をしない鉄則

 

2.自営業者が少しでも年金を増やす術

 

3.会社員が賢く年金を増やす術

 

4.夫婦で年金額を増やす術

 

5.受給開始後に年金を増やす術

 

6.遺族年金のもらい方でトクする術

 

 

 

この本の冒頭で著者は、年金額を増やすには次の2つの対策が必要だと提唱しています。

 

 

◆ もらえる年金は確実にもらう

 

◆ 年金額を増やす術を駆使する

 

 

 

公的年金は意外と不親切で、手続き漏れがよく起きている、と著者は言います。年金は「こちらに有利になることは教えてくれない」「請求しないともらえない」と心得ておくことが大切なのです。

 

 

 

また、年金額を増やす方法はいろいろあって、年金見込み額が少なくても諦めてはいけない、と本書では説明しています。

 

 

 

自営業者、会社員、そして夫婦で年金額を増やす方法を、この本では解説していますが、主なものだけでも以下のような様々な方法があります。

 

 

◆ 年金記録の確認と統合

 

◆ 保険料の追納

 

◆ 付加年金

 

◆ iDeCo(個人型確定拠出年金)

 

◆ 繰り下げ受給

 

 

 

年金の受給金額や老後の生活資金額は、人それぞれケースバイケースなので、正しい制度の知識を身につけ、年金定期便年金ネットをしっかりチェックして対策を練ることが重要だ、と著者は解説しています。

 

 

 

知っていると知らないとでは、もらえる年金額に大きな差が出ることもあり、あなたも本書を読んで、年金を増やす術50をマスターし、老後資金2000万円不足時代を賢く生き抜いてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『2000万円不足時代の年金を増やす術50』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP