『なぜあの人には「大人の色気」があるのか』

2018.04.22 (日)

「色気は品から出るものです。」と述べて、大人の「色気」を醸し出すための63の方法について書いた本があります。

 

 

本日紹介するのは、博報堂に入社した後、1991年に独立して、ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラーベストセラーを送り出している中谷彰宏さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

中谷彰宏『なぜあの人には「大人の色気」があるのか』(現代書林)

 

 

この本は、次のような人に向けて書かれたものです。

 

 

◆ 色気を出そうとしたら、いやらしいと言われた人

 

◆ 色気のあるお手本がまわりにいなくて、色気がわからない人

 

◆ おじさんではなく、大人になりたい人

 

 

 

本書は、大人の「色気」を醸し出すための方法として、以下の5部構成により、全部で63の方法を紹介しています。

 

 

1.大人の色気は「余裕」から生まれる

 

2.大人の色気は「リスク」から生まれる

 

3.大人の色気は「微笑み」から生まれる

 

4.大人の色気は「覚悟」から生まれる

 

5.大人の色気は「美学」から生まれる

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「色気は、品から生まれる」として、「品を磨こう」と提唱しています。

 

 

まずは、品があるからこそ、見る人に色気が伝わることを理解しましょう。例として、京都花街の藝妓や舞妓宝塚歌劇団のタカラジェンヌを挙げています。

 

 

 

では、私が納得して印象深かった方法を以下に紹介します。

 

 

◆ 技術より、基本を磨こう

 

◆ 余裕とは、利他的になれること、他の人をほめよう

 

◆ 色気は、清潔感から出る

 

◆ 大切なモノ以外は、すっぱり手放そう

 

◆ 色気は、ギャップから出る

 

 

◆ 関心のないものにも優しくしよう

 

◆ 自分を客観的に見よう

 

◆ 信念から色気が出る、自分の神様を持っている

 

◆ 色気は、姿勢のよさから出る、常に見られている意識を持とう

 

◆ 人と違うことを気にしない

 

 

◆ 過去にとらわれない

 

◆ 余白を持とう

 

◆ センスの悪い人のコメントを気にしない

 

◆ 色気は、忍耐力から生まれる

 

◆ いつも、微笑んでいよう

 

 

◆ アイコンタクトを、返そう

 

◆ 自分で先生を持とう

 

◆ 謙虚な気持ちを持とう

 

◆ いい声が出るように鍛えよう

 

◆ 損をしてでも、好きな方を選ぼう

 

 

◆ 弱点を持とう

 

◆ 一人でいることを、楽しもう

 

◆ まわりの評価を気にしない

 

◆ 小さなことに気づいて楽しめる観察力を持とう

 

◆ ズボンと心に、アイロンをかけよう

 

 

 

大人の「色気」に関して、様々な角度から事例を紹介しながら整理していて、はっとした気づきが得られる本です。

 

 

あなたも本書を読んで、大人の「色気」について考えてみませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊読むビジネス力アップ読書法「17の秘訣」』 を無料で差し上げます。ご請求はこちらをクリックしてください!

 

 

http://jun-ohsugi.com/muryou-report

 

 

では、今日もハッピーな1日を

 

 

速読・多読ができる読書術

無料レポートはこちら »

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『なぜあの人には「大人の色気」があるのか』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP