『あなたの経験を仕事に変える技術』

2020.01.28 (火)

「人生を豊かに生きるために仕事はある、という考え方が、急速に私たちの価値観の中心になりつつあります。」と指摘して、多くの人に気づきや夢、希望、勇気、成功を与え、喜んでもらいながら食べていける「奇跡の仕事」である「プロ講師」の仕事を紹介・説明している本があります。

 

 

本日紹介するのは、昨日に続いて、高校卒業後、東京に引っ越し、19歳で日本マクドナルド株式会社にアルバイトで入社、23歳で正社員になり、30歳で店長に昇進、33歳で最優秀店長として表彰されるなど活躍、2010年に独立して、現在はYouTuberとしての総合力を身につける学校「ビジネスYouTuberの学校」を設立・運営するYouTube講演家鴨頭嘉人さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

鴨頭嘉人『あなたの経験を仕事に変える技術』(かも出版)

 

 

この本は、本当に良いものだけが存在し続ける社会である「心の時代」「本質的な時代」において、「ビジネスの成功」と「心の豊かさ」の両輪がバランス良く回っている人が圧倒的に少ないと感じた著者が、「ビジネスの成功」と「心の豊かさ」を同時に実現できる「講師の仕事」について、自らの体験をもとに、仕事の本質や、「経験を仕事に変える技術」を紹介・解説している書です。

 

 

 

本書は以下の5部構成から成っています。

 

 

1.自分の強みを活かす仕事とは?

 

2.現代社会の生き抜き方

 

3.講師デビュー前にすべきこと

 

4.講師デビュー時にすべきこと

 

5.プロ講師のなり方~デビュー後にやること

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「志の高い人達が良い情報をまき散らす社会を作りたい」「高い志を持った人が、うまくいくビジネスモデルを構築する手立てにしてもらう」ために、この本を作ったと述べています。

 

 

 

情報化社会である現代は、「短い時間で良質な情報をたくさん手に入れたい」という人々のニーズがあり、講師業を生業にしている人は、YouTubeで情報発信をして、自分がメディアになろう、と著者は言います。

 

 

 

良質な情報を世の中にまき散らすことによって、世界を変えることができる、とこの本では説明しています。

 

 

 

次に、講師デビュー前にすべきこととして、著者は以下のことを挙げています。

 

 

◆ セミナー講師、研修講師、タレント講師、講演家の四分類とその特徴を知る

 

◆ 実績とプロフィールを作る

 

◆ 三種の神器(ブログ・メルマガ・YouTube)で自分を売り出す

 

◆ 講師になると心に決める

 

 

 

続いて、講師デビュー時にすべきことを、次の通り述べています。

 

 

◆ 人生における二大資産(時間・お金)をフィックスする

 

◆ 名刺に「講師」と書く

 

◆ 依頼は突然やってくる、プロフィールなど準備を怠らない

 

◆ 打ち合わせ、見た目で外さない

 

◆ どんな依頼も受ける

 

 

 

さらに、プロ講師の成り方講師デビュー後にやることとして、以下のポイントを説明しています。

 

 

◆ 講師料は、「社内規定では〇〇円ですが、今回は貴社の予算の範囲内で結構です。」と提示する

 

◆ 講師料の交渉は、講師自らでなく秘書にやってもらう

 

◆ 打ち合わせは、①メール、②来てもらう、③訪問するの優先順位とし、なるべく行かない

 

◆ 会場には30分前までには入る

 

◆ 売れる講師になる方法は、①ブランディング力、②マーケティング力、③プレゼン力の三つの力

 

 

 

この本は、講師という「奇跡の仕事」をいかにして軌道に載せるかというヒントやノウハウが満載で、自分の強みを見つけてビジネスとして育てることができる書です。

 

 

 

あなたも本書を読んで、「経験」を「仕事」に変える技術を学び、ブログ、メルマガ、YouTubeを活用して成功する独立起業家になりませんか。

 

 

 

速読法・多読法が身につくレポート 『年間300冊ビジネス書速読法「7つのポイント」』 (定価 9,990円)を、こちらのサイトより、大杉潤のメルマガ『ビジネス書10000冊から』へ登録いただければ、無料で差し上げます。こちらをクリックして登録ください!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000049956

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『あなたの経験を仕事に変える技術』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP