『「知っているかいないか」で大きな差がつく! 人生逃げ切り戦略』

2020.06.10 (水)

経済的な不安を限りなく「ゼロ」に近づける、それが「人生逃げ切り戦略」だと述べて、学生時代に何の長所もなく、何事にも熱中できなかった著者が思考錯誤の末にたどり着いた「個人の時代」における「凡人」のための人生戦略術を伝授してくれる本があります。

 

 

本日紹介するのは、1987年大坂生まれ、神戸大学経営学部卒業、新卒で東証一部上場企業にプログラマーとして就職したのち、27歳でフリーランスエンジニアとして独立し、サイバーエージェント大阪支店等に勤務、独立と同時期に立ち上げた「RYUKEN OFFICIAL BLOG」は月間500万円超の売上を記録、2017年、オンラインサロン「人生逃げ切りサロン」を開設し、3年間で参加者4,000名超まで拡大、現在は「ビジネスYouTuber」としても活躍するワンダフルズ株式会社代表取締役やまもとりゅうけんさんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

やまもとりゅうけん『「知っているかいないか」で大きな差がつく! 人生逃げ切り戦略』(KADOKAWA)

 

 

この本は、「経済的な不安が限りなくゼロに近づいた状態」かつ「面倒な人間関係や誰かに決められた場所・時間に縛られない状態」である、「人生逃げ切り」を実現するための最短ルートを提示し、解説している書です。

 

 

 

本書は以下の8部構成から成っています。

 

 

1.はじめに 「凡人」こそが、「人生逃げ切り」の最短ルートを歩める

 

2.「人生逃げ切り戦略」とは何か

 

3.凡人が乗り越えなければならない「壁」

 

4.あなたがまず始めるべき副業

 

 

 

5.やってはいけない副業

 

6.誰でも今日からできるSNS活用術

 

7.人生逃げ切り事例集

 

8.インフルエンサー鼎談 やまもとりゅうけん × イケハヤ × 迫佑樹

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「影響力があれば、個人であっても企業以上に効率的に多くの人に価値を届け、大きな利益を上げられる可能性もある」と述べています。

 

 

 

そして、ベテランよりも「初心者に毛が生えた程度」の人のほうが、初心者に寄り添った、リアルタイム性の高い情報を届けられる可能性が高くなる、としています。

 

 

 

但し、いきなり影響力を持つのは難しいので、「自分の得意分野」で強い影響力を持つ「マイクロインフルエンサー」を目指し、一転集中から全面展開という流れ「鉄板」として推奨しています。

 

 

 

続いて、「人生逃げ切り戦略」として、著者が提唱するポイントは以下の通りです。

 

 

◆「ルーティン」をつくれば、フリーランスで自己管理ができ、成果を上げられる

 

◆ 稼ぐ鍵は「能力」ではなく「ポジショニング」

 

◆ 未経験者に向けて情報を発信し、認知が取れたら横展開

 

 

 

ここで「ルーティン」をつくる上でのポイントは次の3点だと著者は説明しています。

 

 

1.朝、起きる時間を固定化する

 

2.仕事を1時間単位で区切る

 

3.人と会う

 

 

 

本書の中盤では、乗り越えるべき「壁」や、まず取り組むべき「副業」について、以下のポイントを挙げています。

 

 

◆ 具体的な「目標」と「期限」が未来を決める

 

◆ 個人で稼ぐハードルは意外と低い、より高いポジションを目指す

 

◆ お金が流れ込んできている市場で勝負する(=マーケティング)

 

◆ 有事に対応できる程度のキャッシュと、自由度の高いワークスタイルを手に入れ、セミリタイアのような空気感を纏う

 

 

 

◆ 再現性の高い「せどり」で軍資金をつくる

 

◆「即金力」と「発信力」のマトリクスで、おすすめの「副業」をチェック

 

◆ 動画編集のスキルは「国語力」

 

◆ ライブ配信でビジネスをする「ライバー」となり、「ライブコマース」を手がける

 

 

 

◆ オンラインサロンは、「そこに人が集まる」ことに価値が生まれる

 

◆ オンラインサロンは「継続課金型モデル」

 

◆ 自分が「インフルエンサー」になると最強

 

◆「かける労力」と「パフォーマンス」が見合っているかをチェックしてみる

 

 

 

この本の後半では、SNS活用および「人生逃げ切り」の事例集が紹介・解説されています。主なポイントは次の通りです。

 

 

◆「ターゲット」と「世界観」でポジションを定める

 

◆ 稼げるかどうかは「努力の量」ではなく、「市場の選択」

 

◆ アンチは「無視する」もしくは「見下す」

 

◆ 自分がやる必要のない作業は外注する

 

 

 

◆ 地方で「ウェブ名士」になった主婦

 

◆ 地元にいて「フルリモート」で働くフリーエンジニア

 

◆ コストゼロで旅行し続ける「せどらー」

 

◆ 月収10円から、わずか4年で年商数億円になったプログラミング講師

 

 

 

本書の最後には、ネットの世界では有名な起業家の以下の2名との鼎談が掲載されています。興味深い9テーマが取り上げられているので、詳細な中味はぜひこの本を手に取ってお読みください。

 

 

◆ イケハヤ

 

◆ 迫佑樹

 

 

 

あなたも本書を読んで、「人生逃げ切り戦略」を学び、実践することで「経済的自由」を手に入れてみませんか。

 

 

 

毎日1冊、ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!【2417日目】

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『「知っているかいないか」で大きな差がつく! 人生逃げ切り戦略』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP