『「ダメな自分」がちょっとしたことで好きになる7つの魔法』

2020.10.01 (木)

「どんな人でも、どんな自分でも、自分を好きになることは可能だ」と述べて、「自分をどれだけ好きになり、どんな人としてとらえるかで、人生はまったく変わったものになってきます。」と提唱している本があります。

 

 

本日紹介するのは、鹿児島県出身で、化粧品会社事務、塾講師、衣料品店店長、着物着付け講師、ブライダルコーディネーター、フリー情報誌編集者など、多くの職業経験を生かして、働く女性へのアドバイスをまとめた書籍を刊行、46カ国を旅して旅エッセイも手掛ける作家、写真家有川真由美さんが書いた、こちらの新刊書籍です。

 

 

有川真由美『「ダメな自分」がちょっとしたことで好きになる7つの魔法』(毎日新聞出版)

 

 

この本は、自分のことを好きになり、自分に対して「安心感」を持つことができて、毎日が楽しくなるように、「ちょっとしたことで自分を好きになる7つの魔法」を紹介・解説している書です。

 

 

 

本書は以下の7部構成から成っています。

 

 

1.客観性の魔法 「もう一人の自分」になって自分のことを見る

 

2.言葉の魔法 言葉のチカラを利用する

 

3.環境の魔法 元気になれる環境を整える

 

4.行動の魔法 ちょっとだけ動いてみる

 

 

 

5.俯瞰の魔法 自分と他人に対する視点を変えてみる

 

6.想像力の魔法 イメージして、現実的に対処する

 

7.貢献の魔法 だれかの役に立つ

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「自分のことが嫌いなのは、自分のことが見えていないから」と述べています。

 

 

 

そのためにはまず、「期待通りの自分」ではなく「前に進む自分」を好きになることだ、と言います。

 

 

 

続いて、「もうひとりの自分」から客観的に自分を見たり、「言葉のチカラ」を利用したりすることについて、大切なポイントを挙げています。私がとくに共感する点は以下の通りです。

 

 

◆ 他人の「いい人」になりすぎない

 

◆ 心がざわついたら、ひとまず深呼吸

 

◆ 心と体はいつも何かのメッセージを送っている

 

◆ 大きな決断をするときほど、直感で選ぶ

 

 

 

◆ 使う言葉を変えれば、人生が変わる

 

◆「たぶんこうなる」と素晴らしい未来を予言する

 

◆「明るい未来」は、それを信じた人に与えられるもの

 

◆ できない「理由」ではなく、できる「方法」を考え続ける

 

 

 

◆「ちょうどいい」と受け入れると、焦りや不安から解放される

 

◆ 感謝の習慣ほど、幸せになる習慣はない

 

◆ 自分が発した言葉は、自分のオーダーしたように返ってくる

 

◆ 相手にかける言葉はすべて人間関係をつくっていく

 

 

 

本書の中盤では、自分を好きになる「環境」と「行動」の魔法について、次のようなコツが書かれています。主なポイントを挙げておきます。

 

 

◆ がんばるより、時間、場所、人間関係の環境整備をする

 

◆ 「不要」「不快」「不適」のモノはすぐに捨てる

 

◆ さくっと行動できる仕掛けを作る

 

◆ 自分の成長と経験のためにお金を使う

 

 

 

◆ 志は高く、目標は低く設定する

 

◆「これだけは続けている」という習慣をひとつもつ

 

◆ 焦っているときほど、ゆっくり動く

 

◆ アウトプットの場を用意して、得意技を磨く

 

 

 

この本の後半では、「俯瞰」「想像力(=イメージ)」にフォーカスして、自分を好きになる魔法を紹介しています。私が共感する魔法は以下の通り。

 

 

◆「自分の正しさ」を疑う

 

◆ 自分のまわりのサポーターに気づく

 

◆ 結果が出なくても「焦らず、コツコツ」

 

◆「あたりまえ」に感謝する

 

 

 

◆「自分なりの戦略」を見つける

 

◆ 言い訳をしないことは、自分の人生のハンドルを握ること

 

◆ なりたい自分を鮮明にイメージする

 

◆「健康」「学び」「大切な人」を後回しにしない

 

 

 

この本の最後で著者は、誰かの役に立つ「貢献」の魔法について解説しています。とくに次のメッセージは心に響きます。

 

 

◆ 自分はこの世界に必要とされている

 

◆ 「人の役に立てる喜び」は生きる力になる

 

◆「好きでやっている」と思えば、お返しは「ボーナス」になる

 

◆ 相手を主役にして話せる人は、長い目で見るとトクをしている

 

 

 

本書を読むと、人は「喜び」を与えてくれる人を好きになる、ということがよくわかります。喜びとは、「嬉しい」「楽しい」といった感情だけでなく、「ほっとする」「癒される」「自分でいられる」「元気がわいてくる」など、すべてのプラスの感情をさすそうです。

 

 

 

あなたもこの本を読んで、「こんな自分っていいな」と誇りを持てるようになってみませんか。

 

 

 

ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!【2471日目】

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『「ダメな自分」がちょっとしたことで好きになる7つの魔法』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP