『チャンスをつかめる人のビジネスマナー』

2020.05.07 (木)

「今のままなら、マナーを学ばなくても大丈夫です。生まれ変わりたいと思うなら、マナーを学ぶ必要があります。」と述べて、チャンスをつかめるようなビジネスマナーについて書いた本があります。

 

 

本日紹介するのは、1959年大阪府生まれ、早稲田大学第一文学部演劇科を卒業、博報堂に入社し、CMプランナーとしてテレビ、ラジオCMの企画・演出をしたのち、1991年に独立して中谷彰宏事務所を設立、ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで多岐にわたるジャンルで多くのベストセラー、ロングセラーを送り出して、「中谷塾」の運営も行っている中谷彰宏さんが書いた、こちらの書籍です。

 

 

中谷彰宏『チャンスをつかめる人のビジネスマナー』(きずな出版)

 

 

この本は、次の3人のために書かれています。

 

 

◆ チャンスを掴みたい人

 

◆ 自分がどこでしくじったか、わからない人

 

◆ 格上の人と知り合いたい人

 

 

 

本書は以下の9部構成から成り、全部で67のビジネスマナーについてのポイントが記されています。

 

 

1.はじめに マナーは、しなければならないことではない。なりたい自分がすることだ。

 

2.チームに誘われる時間のマナー

 

3.名前を覚えてもらえる挨拶のマナー

 

4.質問と電話で試される話し方のマナー

 

5.自分をレベルアップさせる格上のマナー

 

 

 

6.じつは失敗しているアウトノマナー

 

7.どんな状況にも対応できるリスペクトのマナー

 

8.一生つきあいたいと思われる最上級のマナー

 

9.「知識がない」より、「マナーがない」で、チャンスを失う。

 

 

 

この本の冒頭で著者は、「今のマナーのままでは、なりたい自分のグループに入ることはできません。」と述べて、「お客様」は、お金で買うことができる、「学ぶ人」は、マナーがないと教えてもらえません、とポイントを説明しています。

 

 

 

「マナー」の「マナ」は、「学び」の「マナ」なのです。

 

 

 

続いて、チームに誘われる時間のマナーとして、以下のポイントを挙げています。

 

 

◆ 仲間が稼いだ時間を、自分でムダにしない

 

◆ キレイさよりスピードを優先する

 

◆ 相手より、遅く歩かない

 

◆ メンバーが揃ったら、時間より前に始める

 

 

 

次に、名前を覚えてもらえる挨拶のマナーを紹介しています。私が共感するポイントは以下の通り。

 

 

◆ 相手よりきちんとした服装でいる

 

◆ 挨拶の冒頭は、お礼からする

 

◆ 開宴時間ではなく、開場時間に行く

 

◆ 紹介されるより、紹介する

 

 

 

本書の中盤では、質問と電話のマナー自分をレベルアップする「格上のマナー」について記されています。ポイントは次の通り。

 

 

◆ いつでも質問を出せるようにしておく

 

◆ リズム感をアップテンポにする

 

◆ 気配りをされていることに、気づく

 

◆ 用件をメールの3行以内に書く

 

 

 

この本の後半では、実は失敗している「アウトのマナー」「リスペクトのマナー」を以下の通り、指摘しています。

 

 

◆ 相手が必要なところだけ伝える

 

◆ 明るくお詫びする

 

◆ ノックはドアの上の方を叩く

 

◆ 人とモノと歴史にリスペクトを持つ

 

 

 

本書の最後では、一生つきあいたいと思われる「最上級のマナー」を次の通り、紹介しています。

 

 

◆ ムダになる準備をしておく

 

◆ マナーのない人に、ムッとしない

 

◆ 自分より、格上の人からマナーを学ぶ

 

◆ 自分が苦しい時に、助けよう

 

 

 

この本の締め括りとして著者は、「知識がない」より「マナーがない」で、チャンスを失う、と述べています。

 

 

 

あなたも本書を読んで、チャンスをつかめる「ビジネスマナー」を学び、実践してみませんか。

 

 

 

毎日1冊、ビジネス書の紹介・活用法を配信しているYouTubeチャンネル『大杉潤のyoutubeビジネススクール』の「紹介動画」はこちらです。ぜひ、チャンネル登録をしてみてください。

 

 

 

 

では、今日もハッピーな1日を!

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 『チャンスをつかめる人のビジネスマナー』

お問い合わせ・ご相談はこちら

メールでのお問い合わせ

contact@jun-ohsugi.com

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

主なコラム

⇑ PAGE TOP